”誰でも柔らかくなる”

こんにちは!

先日、キャンペーンの情報を
こちらのコラム、インスタやFBでも同時に
お知らせさせていただきました。

気になってしまった方は、是非是非
ご連絡いただけたらと思います。

ところでみなさん、、、
やっぱり柔軟性、諦めていませんか?

多くのクライエントの方に言われるのが、

「これ以上曲がる気がしない」
「ずっとこのままだから」
「生まれつき無理」

などなど、、、

まぁまず「生まれつき」というのは、
どう考えても間違え。
生まれつき硬い赤ちゃんがいたら大問題。。。

赤ちゃんの成長には必ず
柔軟性が必要になりますからね。

諦めたらそこで、、、


「これ以上曲がる気がしない」
「ずっとこのままだから」

と諦めているとそれ以上柔らかくなることは
まずもってないのでーす!

ゴムに刺激を入れないと劣化していくのと同様に
筋肉も刺激を入れなければ、
それ以上、伸びようと自ら努力はしてくれません。

「ずっとこのままだから」
それ以上動かさなければ
やっぱりずっとそのままなのです。

諦めたらそこで試合終了ですよ。。。
(by 安西先生)

カラダは柔らかくなる


筋肉はみなさんの思っている以上に従順です。
素直なんです。

使えばそのように反応するし、
使わなければ反応しません。

カラダの硬さは、
主に筋肉の硬さ。
細かくいうと、、、
腱や関節包、筋膜など他の原因もありますが、
まずは筋肉を正しく使ってみましょう!

年齢は関係なぁし!

必ずカラダは柔らかくなりますよ〜

ここまで行きましたぁー!

トレーニング体験受付中!!
こちらからお申し込みください
↓↓↓
https://pfs-jstyle.net/contact.php

〜セッション料金〜
パーソナル
初回体験   1時間  5,000円
1セッション 1時間  10,000円
週1回(4週間)    32,000円
指名(1セッション) 2,000円(1回)


カラダとココロの
コンディショニングを追及する
三軒茶屋にある
パーソナルトレーニングジム

Personal Fitness Salon J Style

TEL: 03-6886-4789
mail: info@jconcept-inc.com

インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

Personal Fitness Salon J STYLEは
カラダの専門家である理学療法士、柔道整復師(共に国家資格)である
トレーナーが確実に成果を出します。

皆様からのご連絡お待ちしております。

環境がカラダを作る

カラダがかたくなる
肩が凝る
腰がいたむ

など多くの方の悩みですが、
そのほとんどが、皆さん自身の生活環境にある
と言えると私は思っています。

それぞれ原因を伺ってもほとんどの方が
「よくわからないんです」
「気付いたらなってしまいました」
「もうずーっとです」
などなど。
あまりはっきりしないことが多いです。

こういった答えが返ってくるパターンは
ほぼ、皆さんの生活環境が原因となっています

環境が良い方にも、悪い方にも影響を与えている
ということです。

リビングにあるテレビの位置


環境がカラダへ影響しているというのは
どういうことでしょうか?

ヒトは環境に適応する能力は非常に高いのですが、
それゆえカラダに負担がかかっていても
気付きにくい動物になってしまいました。

例えばリビングのテレビの位置。
いつも同じソファから同じ角度でテレビを見ていると
片方の首や肩の筋肉ばかりを使うので、
肩こりになりやすい。

少し違った角度にテレビの位置を動かすだけで
全くことなる結果を招くことができると思います

また、いつもと少し違う階段を上ると
「ものすごく疲れる。」
こんなことを感じたことないですか?
それだけ普段の動作に慣れてしまっているということ。

毎週◯曜日は1段抜かしで登ってみる
いつもと違う階段を使ってみる
スピードを変えてみる

などなど、カラダを必要以上に慣れさせないことも
方法の1つですね。

デスクワーカーはディスプレーの高さ


その他にも
「なんてこともないこと」や
原因として考えなかった
「えっ、こんなこと?」と言えることが
意外と原因だったりしています。

特にデスクワーカーの方にありがちなのは、
ディスプレーの高さ。

多くの方が、理想的な高さよりも低めにしている傾向が強いです。

もう少しモニターの高さを高くする
椅子の高さを下げる

などして、目線をモニターと揃えることで、
思わぬ改善が見られるかもしれません。

J STYLEではそんな皆さんの環境に合わせて、
アドバイスもさせていただいております。

これまでに、会社に訪問し実際の現場で
アドバイスをさせていただいたこともあります。
もちろん会社の許可を得てもらわないとですけどねw

こんなこといいのかな?
という些細なことでも是非一度ご相談ください!!


トレーニング体験受付中!!
こちらからお申し込みください
↓↓↓
https://pfs-jstyle.net/contact.php

〜セッション料金〜
パーソナル
初回体験   1時間  5,000円
1セッション 1時間  10,000円
週1回(4週間)    32,000円
指名(1セッション) 2,000円(1回)


カラダとココロのコンディショニングを追及する
三軒茶屋にあるパーソナルトレーニングジム

Personal Fitness Salon J Style
by J CONCEPT

TEL: 03-6886-4789
mail: info@jconcept-inc.com

インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

実際どうなの?プロテイン

「プロテインって飲んだほうがいいですか?」

100%聞かれる質問ですw

トレーナーなら1度は聞かれたことがあるのでは
ないでしょうか?

実際私は
「飲むときもある」

その程度です。

そこまで必要ないので。。。
というのが答えです。

牛肉100gで。。。


1日に必要なタンパク質の量ってご存知でしょうか?
一般的に推奨されているのは
体重1kgあたり0.8g
運動をよくする人で
体重1kgあたり1〜2g

要するに
一般の体重60kgの方は50g前後
体重60kgのアスリートの方でも100g前後
のタンパク質を摂取すれば良いいうことになります。

実際にそれを摂取するのに
どれくらいの食事をすれば良いのか?
例えば、、、
牛肉100g=19.5g
マグロの刺身(5切れ)=15.8g
納豆1パック=12.4g
牛乳1杯=6.6g

これで50gは達成ですね。

こう考えるとどうでしょう?
意外と足りてるんじゃないかと思いませんか?

成分表を見てみよう!


今お持ちの、もしくは
購入しようとしているプロテインに
どのくらいのタンパク質が含有されているのか
調べてみましょう!

多くのプロテインパウダーは
20gで13〜20gのプロテインが
含有されていることが多いです。
ここからは足し算引き算。

今日はトレーニングしたから
いつもより多めに摂取しよう!
肉を食べるのは限界があるから
手軽にプロテインで摂ろう!

これは正しい判断ですね。

「じゃぁ、毎日摂ればいいのでは?」

と聞こえてきそうですが、
タンパク質の摂りすぎは、
意外と弊害もあるんです。。。

体臭も。。。


タンパク質は、過剰に摂取すると
体内で処理しきれず窒素として体内に留まります。

窒素を体外に排出するために
肝臓・腎臓がフル回転。
結果、有毒なアンモニアを生成したのち
尿として排出されます。

この過程において
内臓が酷使され内臓疲労を招きます。

さらにアンモニアが体臭へも影響を与えます。

またタンパク質にも脂質が含まれているので、
過剰摂取は体重増加にもつながります。

さらにタンパク質は結石の原料でもある
シュウ酸と非常に仲良しで結び付きやすく
結石を作る原因にもなってきます。

スムージー風プロテイン


JSTYLEでもお客様へプロテインを
提供しておりますが、素材にできるだけこだわり
着色料や保存料を使ってないものを
厳選して提供しております。

この度、フレーバーも追加しました。


実際の果物を使用し、味付けを行うので、
売り切れの時もありますが、
いろいろな味を楽しめるように工夫しております。

週に1度や2度のトレーニングの時くらいは
タンパク質を意識して摂取することを
お勧めします。

食事をきちんと摂った上に
日常的にプロテインを飲むことは、
あまりお勧めできないので、
気をつけてくださいね。


トレーニング体験受付中!!
こちらからお申し込みください
↓↓↓
https://pfs-jstyle.net/contact.php

〜セッション料金〜
パーソナル
初回体験   1時間  5,000円
1セッション 1時間  10,000円
週1回(4週間)    32,000円
指名(1セッション) 2,000円(1回)


カラダとココロのコンディショニングを追及する
三軒茶屋にあるパーソナルトレーニングジム

Personal Fitness Salon J Style
by J CONCEPT

TEL: 03-6886-4789
mail: info@jconcept-inc.com

インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

語れる背中に

「親の背中を見て、、、」
「背中で語る」

背中って割と良い意味、ポジティブな意味で使われますよね。

みなさんの背中はどうでしょうか?

語れる背中になっていますか?

胸は以外と日常生活でも使うのですが、
背中はあまりヒトの日常生活では使わないため、
やっぱり意識してトレーニングすることが大切です。

背中を作ると胸もUP!


背中の筋肉を使う動作は、どちらかというと引っ張る動き
成長とともに日常生活の中では、引っ張る動作が減っています。
鉄棒や綱引きとかしないですからね💦

背中を鍛えると、
肩甲骨がしっかりと動くようになっていきます。
その結果、胸が開きやすくなり、
胸が上を向いてくれます。
バストアップにも背中のトレーニングは
とても重要なんです。

左右差に注意


背中のトレーニングで代表的な
懸垂やラットプルダウン
というトレーニングがありますが、
どちらも最終的なポジションばかりを気にしてしまい
腕の力に頼ることになってしまいます。

懸垂では、バーに顎が当たるように。。。
ラットプルダウンでは、バーが胸に着くように。。。

しかし大事なのは、そこではなく
「きちんと背中に効いているか」

特に左右の使い方を意識する。
やっぱり無意識に強い方に頼ってしまいますからね。

そういう時は肩甲骨の動きを意識すると良いですよー

肩甲骨の運動


懸垂にしても、ラットプルにしても、、、
ご自宅では、少しやりにくいトレーニング。
器具や道具が必要になりますからね。

せっかくですので自宅でもできる
背中のトレーニングをご紹介しましょう!
ポイントは肩甲骨!

まずは肩甲骨を寄せる運動です。
前かがみで立ち、だらんと腕を垂らしたところから
水平になるまで腕を広げながら、
肩甲骨を寄せていきます。

これができたら、
上半身はそのまま、バンザイをしていきます。
肘はできるだけ伸ばしてください。
肘を伸ばしたまま耳よりも腕が高くなるように!

最後は、
肩甲骨を引き下げる運動です。
単独で肩甲骨を引き下げよう押しても難しいので
腕の助けを借ります。
スタートはやはり前かがみ
90度曲げた肘を高く引いた位置から
腕を回すように手首を持ち上げます。

以上3つをやってみましょう!!
そうすることで肩甲骨を通して、
背中へ刺激を入れていきます。

語れる背中を作るためにぜひやってみてください!!


トレーニング体験受付中!!
こちらからお申し込みください
↓↓↓
https://pfs-jstyle.net/contact.php

〜セッション料金〜
パーソナル
初回体験   1時間  5,000円
1セッション 1時間  10,000円
週1回(4週間)  32,000円
指名(1セッション)2,000円(1回)


カラダとココロのコンディショニングを追及する
三軒茶屋にあるパーソナルトレーニングジム

Personal Fitness Salon J Style
by J CONCEPT

TEL: 03-6886-4789
mail: info@jconcept-inc.com

インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

腰痛の改善第一歩

腰痛で悩まれてる方って多いですよね、、、💦

J STYLEにも腰痛でご紹介いただく方が、
非常に多いです。。。

ちなみに次いで多いのが、の悩み。

どちらも、まずはなぜ痛くなるのかについて
理解することが大切です。

と言っても、本当にたくさんのタイプがある腰痛。

なかなか簡単にはその全てに対応できる
医療従事者がいないのが現状。

そんな中でも、ご紹介いただけてるということは、
お役に立てているのかなと。。。w

症状と原因は10人10色


よくある
タイプ別〜、〜型の人は、、、
というのは、腰痛には残念ながら当てはまりません、、、💦
そんな、血液型のように簡単には、分けられないのが腰痛。

だからこそ、これだけの人が悩んでいるのです。

また診断名もあいまいです。
分離症、すべり症、ヘルニアなど
聞いたことある名前もあるかと思いますが、
これらも全て、起きる場所によって症状が変わってきます。

まさに
10人10色

なので、このタイプの人はこう!
などとは、決して言えないのです。

柔軟性はやっぱり重要


じゃぁ一体どうしたらいいの?
と、なりますよね。

まず、基本的な腰痛のメカニズムとしては、
腰椎と呼ばれる背骨の腰の部分を
使いすぎていることが、多くの原因。

なぜ使い過ぎてしまうのか、、、

24個ある背骨を使いこなせていないこと
肋骨の動きが硬くなっていること
股関節の動きがうまくできていないこと

この3つが原因で、動かしやすい腰に

負担がかかってしまいます。

その結果、腰痛を引き起こしていることがほとんど。
要するに、カラダのある箇所が硬くなってしまって
動かしやすいところに頼った
アクションを起こしている
ということです。

なので、やっぱり柔軟性を確保できていれば
それはリスクは解消されるのです。

最も重要なのはボディイメージ

いくら柔軟性があっても、
その関節を使いこなせなければ
意味がありません。

前屈は柔らかいのに腰痛もち
という方が少なくありません。

こういう方達のほとんどの方が
自分のカラダを操り切れていない
ことがあります。

腰はセッティング(いい位置で保つ)しながらも
股関節、脊椎、肩甲骨、骨盤を動かす

これができればほぼ腰痛になることはないでしょぅ!

まずは、鏡と向き合って
自分の動きが頭の中でイメージしているものと
鏡の中の自分とでどれだけ差があるか、
それをチェックしてみましょう!!

腰痛改善の第一歩です!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

ふっきん。。。

先日、JSTYLEのInstagram
@jstylegram、ある腹筋の動画を
UPさせていただいたところ、

やはり皆さん気になっているのか、
いつもよりも反応が良かったので、
腹筋について、少し解説をしておこうと思います。

多くの男女が憧れるシックスパックスですが、、、
これは腹筋の中でもごく一部の腹直筋という部分。

実は腹筋の中で一番広い面積を持つのが腹斜筋

しかも腹斜筋には、内腹斜筋と外腹斜筋の2種類が存在しているんです。

そして他にもまだまだあります
くびれを作るために大切な腹横筋
腰痛の方はここが硬くなりやすい腰方形筋
などなど。。。

腹筋の類は沢山あるんです。

だからこそ、
腹筋運動もいろんな種類をやらないと、
「ただただ回数をやらなくちゃ結果が出ない」
なんていう情報に踊らされてしまうのです。

狙った効果を出すためには、
狙った腹筋を的確に刺激する

これが大切ですよー

あと、腰痛持ちでコルセットが手放せない方
産後で骨盤ベルトなどをされている方

どうしようもない時は物に頼るのもアリですが、、、

そうすることでとても素直な筋肉たちは、
「あっ、仕事しなくてもいいんだ」
ということで集団ボイコット(死語!?)を始めます。

ますます手放せなくなるという負のループ💦

少しずつ自分の腹筋に働くように刺激を入れて、
完全オーダーメイドの
世界に一つしかない、

あなたのための骨盤ベルトを作ってみましょう!!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

トレーニングで胸は作れる⁉️

女性のニーズで最も多いもの1つが
バストアップ

他は痩せたいけど、ここは痩せたくない!

『そんなのわがままですよね?』

とよく言われますが、
正直にお答えすると。

ある程度は可能です!

決してバストアップできますよ!
とは言いきれない。
何かを入れない限りは💦

ただ、
今よりもふっくらさせる
バストを上向きにする
形を整える

これらは可能。

補正下着などで、形を整えることも必要かもしれませんが、
筋肉で作り上げれば脱いでも維持されます!

鍛える+緩める


では実際にどんなことをすればいいのでしょうか?

その1
やっぱり鍛える

一番大切なのは、胸のトレーニングではなく背中
胸のトレーニングを頑張りすぎると、
胸の上の部分に筋肉が付いてくるため、
胸は下を向きがちに。。。
さらに間違った胸のトレーニングは
背中を丸めてしまい、巻き肩を助長するため、
姿勢も悪くなります。
結果どんどん下を向いて垂れる方向に

胸ももちろん鍛えるのですが、
大事なのはその鍛えた筋肉も含め
背中側から引っ張り上げてくれること。

そのための背中のトレーニングが必須になります!!

その2
そして緩める

胸の主な成分は脂肪。
脂肪を包んでいるのも膜であるため、
引っ張られるとそちらに流れてしまいます。

非常に多いのが、肋骨のあたりが固くなり
外側へ引っ張られてしまい、、、
さらに腹筋を通じて下の方へ引っ張られ、、、

これらが協働した結果、
胸が外側に流れ、下に垂れる。

これらを補正下着などで位置を整えることはできても
やはり外したら、、、

ということで、
脇の下の組織や腹筋などを緩めてあげることが
自然のバストアップを求めるには
必要になるんです!

これはものすごく出来過ぎな例ですが、、、

45分のセッション2回の結果です。

皆さんも試してみませんか?

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

トレーニングで免疫UP

コロナウイルス猛威を振るっていますね。。。

ついにヒト-ヒト感染も報告されたとか。

あまり敏感になるのも良くないですが、
注意は必要です!

「手洗い、うがい、マスクをしっかり!」

と言うのが普通なのかもしれませんが、、、

正直、
それで防げるならここまで拡大しない!

そう思いませんか?

普通の風邪ですら防げていないのに。

感染してしまった方が、
ウイルスなり、菌をばら撒かないために
マスクをするのは大切です。
積極的にしてほしい。

ですが防御のためには、どうかなと、、、

ちょっと言い過ぎですかねw

それよりも自己防衛として大切なのは、
自分の免疫力を高めること!
それが一番大切です。

筋肉を付ければいい?


今日のタイトルのように
トレーニングをすると免疫が強くなる
というようなことを言うと

筋肉を付ければいいの?

とよく言われますが、
マッチョな人やアスリートでも
風邪をひくし、そうとは言い切れません。

筋肉をつけていればいいというわけではないようです。

もちろん筋肉もつけたほうが良いですが、
それよりも全身運動を心がけること
これが大切。

血液中には、ウイルスと闘う細胞がいます。
しかし、その細胞が弱っていたり、
強くても、全身をくまなく巡ってくれなければ、
ウイルスに出くわすことがなく
やっつけることもできません。

免疫を担っている細胞たちに、
きちんとパトロールしてもらわないと、
ウイルスたちが知らずのうちに勢力を増して
大きな戦いになることがあります。

その結果、発熱などを起こしてしまうのです。

血流を促そう


運動をすると、心臓がバクバク言いますね。
それだけ血流が促されます。

さらに筋肉を使ったところには、
多くの血流が促されます。

できるだけ多くの筋肉を使うことで、
血流が促されていきます。

血流が促されれば、免疫細胞たちも全身に行き渡り
しっかりとパトロールしてくれることでしょう!

トレーニングで筋肉をつけるだけではなく
血流を促して、免疫も強くしちゃいましょう!

そしてウイルスや細菌に
負けないカラダを手に入れましょう!!

もちろん、免疫には腸内環境などが
非常に大きく影響していることが、
わかってきています。

その辺もまた、お話できたらと思います!

ちょっと長くなりましたが、今日はこの辺で。

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

片脚で立てますか?

突然ですが、、、
一無、二少、三多の日って
ご存知ですか??

日本記念日協会が認定した記念日なのですが、
今日1月23日がこの日に認定されています。

一無 無煙と禁煙
二少 少食、少酒
三多 多動、多休、多接
(たくさん動いて、たくさん休んで、たくさんの人と接する)

と言う意味だそうです。
日本生活習慣病予防協会が制定したもので、
たしかにカラダには良さそうですが、

無理やり感が否めないですね、、、💦

J STYLEも皆さんのココロとカラダの健康を考えて、
カラダを動かすことを推奨していますが、
ここで、皆さんにも簡単なチェックを
していただきましょう!!

昔から、体力テストなどでも用いられている
片脚立位、片足立ちです。

これが意外と曲者。。。

自信があると言う方も、さぁやってみましょぅ!

写真のようにはやらなくていいですよw

30秒耐えられても、、、


やり方は簡単。
片脚で立つ。ただそれだけ。
できれば裸足で行いましょう。

30秒耐えられれば ⭕️
20秒では、、、、 🔺
それ以下は、、、 ちと問題

30秒耐えられて満足してはダメ🙅‍♂️
それは当然のライン。
さらにベストは、
片脚立ちのまま、カラダを前に倒して
両手で爪先を触る。
これを10回連続でできて💮

移動は片脚立ちの連続


片脚立ちがなぜ、大切なのかというと、
まずは歩行も走行も
片脚立ちの連続であるということ。

片脚立ちでフラついてしまうということは、
歩くたびにカラダがブレてしまい、
腰痛の原因や、膝痛、転倒のリスクもアップ。。。

膝は抱えなくても大丈夫。
その場で止まって片脚立ち30秒できたとしても、
動きが伴った時にフラついてしまっては、
やっぱり、様々なリスクが増えます。

動きの中でも支えられるだけの筋力っていうのが
最低限のラインになりますね!

そうすれば転んでしまう心配もなく、
どこへでも自分の足でいけるカラダを
維持できます!

まずは、ご自身でチェックしてみてください。

その結果をぜひこちらまで!
↓↓↓

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

夏までに!!

今日の東京は雪☃️
久々ですね。

山国出身の私は、この水分の多い雪が
あまり好きではなく。。。
昔は雪なら
「傘いらない、パンパンと払えばいいからぁ」
という感じでしたので。

東京の雪はドンドン水になるので
やっぱり傘は必須ですよね。。。

同じくパンパンと払えないのが
カラダについたお肉たち😭

特に年末の忘年会から正月、新年会で
しっかりため込んでしまったものを
払い落とさねば。。。

夏までに、、、


以前もお話ししましたが、

この時期は寒さで動きたくない。

また上着もきており、
カラダへの意識が下がりやすい。

そんな時期ですから、ため込んだものも
なかなかお別れ出来ずにいませんか?

ですが、今から準備しておけば、
夏までにそこまで無理なくマイナス5kgを目指せます。

月に1kgペースで落として行けば
余裕を持って夏に間に合いますからね。

つい油断


12月1月でついた分を一気に落とそうと
頑張った結果、
1ヶ月マイナス5kgを達成すると、、、

『なんだ、できるじゃん!』

という油断が生じます。

結果リバウンドなんてことも少なくありません💦

きちんとコントロールして、
徐々に脂肪を落としていくのが
パーソナルトレーニングの特徴。

良いトレーナーかどうかを見極めながら
まずは話を聞いてみるだけでも
価値があるかも〜

J STYLEももちろん相談は無料です。
お出かけの予定が微妙になった方は、
メールでもしてみてくださいw

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!