週1で本当に変わる?

多くの方がこの疑問を持って来店されます。

直接、始める前に質問されることもありますが
後から、

「本当に週1で変わりました!」
「最初はどうせ変わらないだろうと思ってました」

などの声をもらうことが非常に多いです。

なぜ週1でも効果があるのか、、、

その秘密をチラッとご紹介します!

キーワードはカラダの使い方


週1プランだからといって、
セッションのその時だけ頑張っても
もちろん思うような結果には結びつきにくいです。

ただ、J STYLEのセッションを受けると
不思議と日常生活での消費カロリーが自然と増えてしまいます。

カラダの使い方に変化が起こるので、
体重も落ちやすい、増えにくい
スタイルも良くなりやすい

そんなカラダの使い方をまずは覚えてもらいます。

最も大事なのは
お・し・り


中でも1番時間をかけて覚えていただくのは、
お尻の使い方

このコラムをお読みの方は
その大切さを何度もお話ししてきましたw

約50分のセッションのうち半分近くを
お尻の使い方に当てます。

残念なことに、それだけ多くの方が
上手に使えていません。。。

これまでに最初から上手に使えた方は、はっきり言って

0人

お尻自慢の方は、是非体験していただきたい!

完全カスタムメニュー


もう1つの特徴は、
マニュアル化されていないトレーニングメニュー

JSTYLEのトレーナーには、
トレーニングマニュアルがありません。

それは、
お客様をみて、
お客様のニーズに合った
メニューをその場で組み立てるから。

お尻トレーニングのあとの時間は、
いろいろな刺激を入れますが
その方の目的に沿ったもの。

結果を出すにはこれが必要です。

そんな中でも共通でやるべきトレーニングも
沢山あります。

それは、インスタでもご紹介中〜

チラッと立ち寄ってみてください!!

インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789

技術も知識もアップデート!

J STYLEではより広くお客様の
ご要望にお応えするために、
定期的にスタッフの研修を
行なっています。

外部から研修を依頼されることも
少なくないですが、
まずは身内からきちんと
技術や知識を伝えていっています。

今回は少し深く掘り下げるために
資料もしっかりと作りました。

テーマは「骨盤矯正」


今回テーマとする骨盤矯正には、
いくつかの種類があります。

それぞれどんなメリット、デメリットがあるか、
また具体的な考え方などをお伝えします。

もちろん実践もやりますよ。

最初はうまくいかないスタッフも、
回数を重ねることで、必ず結果が出せるようになっていきます。

頭でっかちにしない


特に気を付けていることは、

知識ばかりで動けない
筋肉のことばかりしか考えていない

そういうトレーナーを
作らないようにすること。
頭でっかちにならないように研修を行なっています。

他とどこが違うのか、、、


J STYLEの骨盤矯正の最大の特徴は、
元に戻りにくいということ。
1回での矯正力は中の上くらいですが、
効果の持続力、元に戻りにくいという点については、
自信を持ってお勧めできます。

最も大切なことは、
自分の筋肉で矯正する!

ということ。

野生の動物のように物に頼らない、
骨盤矯正を提供しております。

受けてみたい、勉強したいなど、
ご興味ある方は、
こちらから↓↓↓

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

 

初体験

以前、21回継続すると習慣化される
というお話をさせていただきました。

気になる方はこちらから

今回は継続した結果、
ここまでカラダが変化したという方をご紹介。

初体験

30代の男性。
これまでに一度も、
「立位体前屈で床に触れたことがない」
という非常にカラダが硬い方。

ただ本人もこれまでに、、、

その硬さのせいで(?)怪我を
いや怪我のせいで硬く(?)
何れにしても柔らかくしようと
ストレッチを頑張ってきました。

しかしこれまで一切、床に指先が触れることなく
きていました。

しかしここで、カラダの使い方を学んでいただき
正しい使い方を根気よく続けていたら、
なんと指先が届くまでに柔軟性が改善。


この方にとっては、ほぼ初体験
(記憶がある中では)

ものすごく喜んでおられました。

もちろんそこが彼の最終ゴールではないので、
そのあとのトレーニングはしっかりとやりましたけどねw

皆さんもせめて床に触れるくらいの柔軟性を
確保しませんか?
それだけで、疲れにくくなりますよー

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

映えないトレーニング

こんばんは!

J STYLEでもスタッフが、本当に頑張ってくれて
インスタをupしてくれていますが、(こちらから)
このご時世
映え
ってものすごく大切ですよね。。。💦
本当に痛感させられます。

他のジムのインスタなどを
拝見させて頂いても
ベンチプレスや
ジャンプ系
ヒップスラスト
などのいわゆる
“映えトレーニング”
を前面に出しているところが
非常にたくさんあります。

もちろんJ STYLEもそうです。

ですけど、本当に必要なトレーニングは
そうじゃないということも
知ってくださいね。

ケガノモト


映えるトレーニングは、
かっこいいですし、
達成感もあります。
何より、効果も大きいことが多いです。

ただし注意が必要。
その分カラダへの負荷も大きく
テクニックや土台となる筋肉も必要。

そこを、おろそかにすると
思わぬ怪我をしてしまい、
トレーニングや運動を
休まないといけないということにも💦

それでは本末転倒ですよね?

とくに運動をあまりしていない方は、
しっかりと準備をしてから
映えトレに入らないと、
姿勢が悪くなったり、
ただただ辛いだけで
思うような結果が出なかったり。

最初の基礎となる土台作り
とても大切です。

映えないトレが大切


J STYLEでは、その土台作りに
しっかりと時間をかけます。

それは皆様に
長く運動を続けていただきたいから。
しかも楽しく、自然とカラダを
動かしたあと思ってもらいたいから。

そのためには、全く映えない
見てる人にはその辛さが
伝わりにくいトレーニングも
たくさん取り入れます。

お客様からは、、、
『頭が疲れる』
『こんなトコまで動かしたことない』
といったお声もいただいています。

また、映えないトレーニングを続けた結果
ストレッチポール®︎に寝転がることすら
できなかった女性ですが、
ここまでできるようになりました。

IMG_7195
次の目標は、さらにカラダをブラさずに
できるようになることですね。

これからも頑張りましょう!!

皆さんも
映えないトレーニングから始めてみませんか?
映えトレをよりカッコよく映えさせるためにも
必須です!!w

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

腕が上がらない、、、

J STYLEは、
パーソナルトレーニングのジムですが、、、

・腕が上がらない
・ぎっくり腰
・寝違えた

という方をよくご紹介いただきます。

理学療法士、柔道整復師という
本来、治療が本職であるトレーナーがおりますので、
そういった症状にも対応可能。

治療と運動(リハビリ)はセットとして考えるべきもの

まずは動ける状態に
リセットしてから運動するのが鉄則です。

その両方が同じところで、
できるのが最大の特徴。

腕が上がらない方も、
腰痛の方も、
遠慮なくご相談ください。

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

リハビリとトレーニングの境目


唐突ですが、
最初に挙げた症状のほとんどが、
自分のカラダを上手に使えていないことが原因。

何かのきっかけで、
カラダの動かし方を間違えて
覚えてしまい
その結果、
特定の筋肉や靭帯に負担がかかりすぎる。

それが痛みや運動制限を招くのです。

それに対し正しい動かし方を
再入力するのがリハビリ。
そこから強化するためにトレーニングを
行うのですが。。。

基本的にはダイエットも同じこと
ボディメイクなんてまさに同じ。

大きくしたい筋肉にしっかりと刺激を入れるためには、
その筋肉が動いていることをしっかりと意識して
トレーニングすることが必須です。

そう考えると
リハビリとトレーニングの境目はあってないようなもの

実際、四十肩で悩まられている方と、
肩を大きくしたいと思っていらっしゃる方との
トレーニングの内容は同じです。

医者に止められているけど、、、


また怪我をしながらも、
何か目標がある方も非常に多くいらして頂いています。

専門知識や経験があるからこそ、
そこに負担をかけずに
さらにその箇所を改善しつつ、
トレーニングを提供できる。

医者に運動は止めなさい
しばらく休みなさい

と言われても、カラダは動かしたい。
それがヒトです。

とりあえず痛みが取れるまでと思っている皆さんも
是非一度、ご相談いただければ、
要望にお応えできるかも知れません。

思い切って相談してみてくださいね!