夏までに!!

今日の東京は雪☃️
久々ですね。

山国出身の私は、この水分の多い雪が
あまり好きではなく。。。
昔は雪なら
「傘いらない、パンパンと払えばいいからぁ」
という感じでしたので。

東京の雪はドンドン水になるので
やっぱり傘は必須ですよね。。。

同じくパンパンと払えないのが
カラダについたお肉たち😭

特に年末の忘年会から正月、新年会で
しっかりため込んでしまったものを
払い落とさねば。。。

夏までに、、、


以前もお話ししましたが、

この時期は寒さで動きたくない。

また上着もきており、
カラダへの意識が下がりやすい。

そんな時期ですから、ため込んだものも
なかなかお別れ出来ずにいませんか?

ですが、今から準備しておけば、
夏までにそこまで無理なくマイナス5kgを目指せます。

月に1kgペースで落として行けば
余裕を持って夏に間に合いますからね。

つい油断


12月1月でついた分を一気に落とそうと
頑張った結果、
1ヶ月マイナス5kgを達成すると、、、

『なんだ、できるじゃん!』

という油断が生じます。

結果リバウンドなんてことも少なくありません💦

きちんとコントロールして、
徐々に脂肪を落としていくのが
パーソナルトレーニングの特徴。

良いトレーナーかどうかを見極めながら
まずは話を聞いてみるだけでも
価値があるかも〜

J STYLEももちろん相談は無料です。
お出かけの予定が微妙になった方は、
メールでもしてみてくださいw

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

最強の暖房機能

今年はオリンピックイヤー
どんどん訪日外国人(インバウンド)の
数が増えてきているのを実感します。。。

この時期、
そんなインバウンドの方達を見ていて

なんで半袖??
サンダルじゃん!

みたいなことって
ありませんか?

JSTYLEのある三軒茶屋も
渋谷へのアクセスなどが
いいので、インバウンドの方を
よく見かけます。

彼らは、決して
やせ我慢をしているわけではなく。
旅の荷物を減らしたいからでもなく、、、
(中にはそういう方もいると思いますが)
そこまで寒く感じていないんだと思います。

なぜ、それだけ体感温度が違うでしょうか?

約6割は筋肉


私たち、ヒトという動物は、
恒温動物という種類に分類され
自ら体温を一定に保とうとする
能力が備わっています。。。
というのは、
小学生や中学生の時に
勉強しました。
覚えていますよね?

暑い時には
汗をかくなどして
熱を放出します。

寒い時期には
熱を自ら作り出し
寒さを和らげます。

体内で作られる熱の
約6割を生み出しているのが、筋肉
です。
筋肉を動かすことで
熱を生産しています。

寒い時に震えるのは、
熱を作り出す反応なんですね。

筋肉を動かそう


筋肉を動かすとカラダが温まる
というのは、なんとなく
ご存知だとは思います。

寒い時期は動き始めが
億劫にはなりますが、
思い切って動いてみると、
寒さを感じにくくなります。

そう
筋肉が最も最強の暖房器具
なのです!

さらに動くことで血流も
促されるので、
代謝も上がり冷え性対策にもなります。
エコにもなりますねw

文明の弊害


近年、エアコンなどの進化で
その元々備わっている
体温調節能力が低下
していると言われています。

バリアフリーが進んだことで
転倒リスクが増えたという
事実もあります。
これらも文明の発展に伴う
弊害かもしれませんね。

便利になる過ぎるばかりが
良いことではありません。

トレーニングもそうですが、
たまには過酷な環境に身を置くのも
良いのかもしれませんね。

あっだからと言って、
サンダルで街を歩かなくても
いいですからねw

ただし
家の中は裸足になると
いいこと
増えそうですよー

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

まじ痩せたい…

お客様の声ですw
腰痛からスタートのお客様。

カラダを動かすことが
腰痛の再発予防にも大切だと、
ご説明させていただくと

「せっかくなら
正しく動かしたい」

腰痛が改善されてからも
継続的な運動指導
行わせていただいておりました。

痩せたい!!


最初は、JSTYLEの特徴でもある
腰痛対策のメニューから
徐々に全身のトレーニングへ。

腰痛対策には、
腹筋などももちろん大切ですが、
それだけでは、
改善は図れません。

股関節や背骨の使い方を、

マスターしないと
再発してしまいます。

まずは徹底的に
使いこなしていただきます。

今では、火がついたお客様から
「まじ痩せたい!」
ということで、
食事指導も追加させて
いただきながら
トレーニングを進めています。

JSTYLEの食事指導は、
ただの引き算ではなく、
基本足し算から。

足りないものを補いながら、
入れ替え制を基本にしています。

入れ替え制?
つまり
これはこれに変えましょう
これに変えられないですか?
と言った具合。

決して0にはしないのでご安心を。

いろいろやったけど、
今年こそ
まじ痩せたい!!

そんなあなたは
是非一度ご連絡を〜

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

正しいスクワット

J STYLEでは、
まず最初に
徹底的に

スクワットのフォーム
覚えていただきます。

再三、お話しさせて
いただいている通り、
カラダの中で一番大切な
お尻の筋肉を鍛えるために
スクワットは非常に
重要だからです。

スクワットは、
トレーニングの中でも
皆さんが知っている種目であり
ながらトレーニング
(何かをしながらのトレーニング)として
選ばれやすい種目でもあります。

例えば、
テレビを見ながら
歯を磨きながら
料理の合間に、、、

スクワットという言葉を
知っているがために
スクワットをしましょうといえば、
ほとんどの人が、
立ち上がり、
何となく同じような
動きをします。

その「何となく」が危険。

正しいフォームでやらないと
膝を痛めたり、
腰痛を招いたり、
脚が太くなったりしてしまいますよ。。。

スクワットは股関節


では、もったいぶらずに
正しいスクワットを
ご紹介しましょう!

大前提として、
スクワットは
膝の曲げ伸ばしの
運動ではない
ということ。

これを間違えて理解している方が
あまりにも多すぎる。。。

スクワットは膝ではなく、
股関節の運動です。

それをしっかりと
頭に書き留めてください。

これを頭に入れて行うだけで
全くことなるフォームになるでしょう。

それでもよくわからない方は、、、
先日(1月12日)の
インスタ(@jstylegram)を
ご確認ください。

そこにもヒントを動画であげています。

ぜひ、正しいスクワットを
身につけてくださいね!!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

美しく動こう!

優秀なトレーナーの多くは、
ヒトの歩いているところを
よく見ています。

「突然、ナンの宣言⁉︎」

という、感じもありますが、
これは事実だと思います。

また、理学療法士は学生時代から
『歩行分析』
というものに、
非常多くの時間を割きます。

人がどのように歩いているかを
分析するわけですが、、、

はっきり言って、
残念な歩き方をしている人が
多過ぎる、、、💦

お化粧や洋服は、
しっかり気にするのに、

なかには整形までして
形は整えるのに、、、

「歩き方を整えないのはなぜ?」

という方がたくさん
いらっしゃいます。

皆さんもう少し自分の歩き方を
観察してみては?

美しい歩き方は、
あなたをさらに
魅力的にしてくれますっ!

足を前に出しては
ダメっ!


そんな魅力的な歩き方は
どうすれば
習得できるのでしょうか?

まず大前提として、
足を前に出してはダメ
ということ。

えっ⁉︎
どういうこと⁉︎

という感じだと思いますが、
これが非常に大きなポイントです。

足を前に出そうとすると、
どうしても頭が後ろに下がり、
カラダのけぞる方向に。。。

その結果、反り腰になったり、
腹筋にうまく力が入らず、
下腹部、いわゆる下っ腹
出てきたり。。。


怖いですね、、、💦

でも、これを読んだらあなたも
もしかしたらその傾向が
あるかもしれませんよ〜

大切なのはやっぱり
『おしり』


でも足を前に出さないと
歩けないじゃないですか‼︎

というのもわかります。

では、どのように歩くのか。

まずは片足立ちになり、
地面を後ろに送るように
力を入れます。

するとカラダは前に進みますね!

この連続が、
美しい歩き方です。


実際にやってみるとわかりますが、
この歩き方は、
おしりをかなり使うのですが、
それがとても大切なのです。

カラダをおしりで支えながら、
おしりで前に進む。

ぜひ、この歩き方を身につけて、
美しい動き
を身につけるための
ファーストステップを
踏み出してみてください!!

『美しく動については、
まだまだ続きまーす!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!

ダイエットー基本のン

さていよいよ、
基本のン
基本のおそらく最終回です。

この『キホン』の
3つを意識すれば
大概成功しますが、
それ以外の細かい情報は、
これからも
アップし続けますので、
お楽しみにぃ〜。

ということで、
今日のテーマは
「自分を知る」

よく聞く話ですが、、、
今の自分の体重を知るとか
そういうことじゃありません。

より、実践的なお話。

あなたはどのタイプ??


体重について
知って欲しいことは、
今の体重ではなく、
自分の体重が、

増えているのか
減ってきているのか
それとも
しばらく変化なしなのか

これによって、
やらなくちゃいけないことも
変わってきます。

1.増えているあなた

まずは
太る素質があることを
褒めてあげましょう!
胃腸などの臓器も
正常に働いている証拠。

なかなか太らなくて
困っている方もいます。。。

さて、そんなあなたは
食べる前に
本当にお腹が空いているか
まずは自分に問い合わせ

それをするだけで、
少しずつカラダが
変わってきますよん

2.減っているあなた

食べているのに、
体重が減ってしまう。
太りたいのに、
食べられない。。。

そんなあなたは、
別のところに
理由がありそう。

運動して、お腹を空かせる
汗を出してスッキリする

そんな習慣を身につけると
いいかも。

3.変わっていないあなた

変わっていないところから
痩せたいあなたは、1番簡単。

いま摂取しているカロリーと
消費しているカロリーが
ちょうどいい感じということ。

あなたにあった運動を
少し追加するだけで、
カラダに変化が
起こり始めます。

運動習慣がなければ、
チャンスです!
何から始めるか
楽しみなくらいですね!
ウォーキング
ジョギング
トレーニング

何でもいいです。
何かをまずははじめてみましょう!!


あれ??
これで結構長くなってしまったので、、、
基本のンはまだまだ続きそう。。。

乞うご期待!!

※本日は占い風に書いてみましたw

ダイエットー基本のホ

基本のキは、、、

カロリーの足し算引き算

ということをお伝えしました。

まずは、
カロリーを少しだけ
気にしてみましょう!

消費カロリーを
増やす方法については、
まだまだこれから
お話しする機会があると
思います!

今日お話しする
基本のホ
も、栄養がらみのお話です。

片寄食事は
強力NG


よくある
〇〇制限
〇〇ファスティング

基本的に
偏った食事は
あまり
お勧めできません。。。

極端な話ですが、、、
食事を制限すれば、
もちろん痩せます。

でもやっぱり、
それを続けていくのは、
様々な負担が生じます。

ボクサーですら、、、


体重で階級が変わってしまう
ボクサーが大変な思いをして
減量しているのを
ご存知な方も多いと思います。
なぜ、大変なのに、
下げた体重を維持せずに
計量に向けて
毎度毎度、頑張って
体重を減らしていくのでしょうか?

やっぱり無理な減量は
カラダにとって
負担です。
カラダへの異常も
もちろんですが、
メンタルへの負担も
大きな問題です。

しっかり食べて
カラダを作る時期と
体重を絞る時期とを
しっかり分けているのです。

ボクサーですらですよ。

みなさんが
そこまでする必要はある?

食べて痩せるは
本当に可能?


この話を聞いて、
バランスよく常に食べて
バランスの良い
カラダを維持するのが
ベストだと思いませんか?

J STYLEでは、
明らかな食べ過ぎ、
飲み過ぎじゃなければ、
食事指導はしません。

食べることは、
とても大切な
欲求のうちの1つです。

それを必要以上に
我慢することは
お勧めできません。

食べながら痩せることも
難しくはありませんよー

ただ、ある程度
食べるものを選ぶ必要は
ありますけどね。。。

そのヒントを
あなたに合った形で
お伝えしていきます!

好き嫌いはやっぱり
ありますからねw

気になった方は、
一度ご相談ください。
こちらから↓↓↓

https://pfs-jstyle.net/contact.php

info@jconcept-inc.com

Happy New Year!!

みなさん改めまして、
明けまして
おめでとうございます!!

オリンピックイヤーの本年も、
本日より営業を開始いたしました。
とともに、こちらのコラムも
どんどんアップしていきます!

宜しくお願い致します。

今年の皆様の目標の中に、
少しでも
運動に関わること
健康に関わること
がありましたら、
ぜひ一度ご相談ください。

キャンペーン情報


12月1月お申し込み限定で、
通常1回 11,000円のところ
限定10名限定で
13回セッションを77,000円で
ご提供します。

理想的なモデルプランは
最初の1ヶ月を週2回
慣れてきた次の1ヶ月を週1回
という流れを組めるとベスト

ご参加条件は。。。
・お一人様1回まで
・リセットしたいと
強く思っている
・4ヶ月以内に13回
通っていただける方

まずは、
お問い合わせフォーム、
電話、メール
インスタなどのDM
どんな方法でも構いません。
お気軽にご連絡ください!

先着10名限定の企画
となっておりますので
お早めに!!


子年

ディスニーランドのように
皆様を幸せにできる
場所であり続けられるよう
頑張ります!!

改めまして、
今年も宜しくお願いします。

Personal Fitness Salon
J STYLE
Jun

むくみは股関節で改善!

「夕方になると靴がきつくなる」
「帰って靴下を脱ぐと
後がくっきり、、、」

よくある現象ですね。

むくみ改善のポイントは
股関節


足のむくみの原因は数あれど、、、

解消方法は、、、?
足首を動かす
足を挙げる
マッサージ

などなど沢山あります。

しかし、
これらはあくまで
部分的な改善。。。
脚全体のむくみをとるには、
股関節の運動が必須です!

大きな関節は動きも大きい分、
血管などを潰す可能性も大きい。

筋肉が固まったり、
可動範囲が狭くなると、
下半身の水分の流れは
滞りやすくなり、
むくみを生じます。

とにかく大きく動かす


このむくみを
改善するためのポイントは
とにかく
股関節を大きく動かす

これに尽きます。

股関節は前後、ウチソト、回旋
この方向に動きます。

それぞれの方向へしっかりと
大きく動かせば、
上半身と下半身との間で
流れが生まれ、
スッキリすること間違い無し!

皆さんも試してみてください!

詳しい方法は、
今後、コラムでも紹介します!

短期集中でリセット!

メリークリスマスですね!
どんなクリスマスを
お過ごしでしょうか?

定番のチキンにケーキ
忘年会からの締めラーメン
年が明ければ、新年会

この時期は仕方ないと思って、
なりふり構わず楽しむことも
大切。
罪悪感を抱えて
ストレスに感じるのも、
カラダには良くありません。

大丈夫です!

J STYLEのオリジナルメソッドによる
この時期ぴったりの
短期集中プログラムで
そのカラダをリセットしましょう!

食べ過ぎると
内臓機能も落ちる


胃や腸といった内臓も
筋肉で出来ているので
無理な負荷がかかると
疲労します。

要は食べ過ぎると疲労して、
正常な機能を保てなくなります。

すると、排泄すべきものを
排泄できずに
溜め込んでしまうことに。。。

そこで活きてくるのが、
ヨガの内臓機能リセット効果。
内臓機能を高めて、
効率よく消化吸収からの、
代謝アップへつなげていきます。

柔軟性アップで
代謝もアップ


また、柔軟性をアップさせながら
行うトレーニングは、
代謝の上がりやすい、
柔軟でしなやかな
筋肉をつけることを
目的にしています。
ゴリゴリにただただ筋肉量を
増やすのではなく、
カッコよく疲れにくい、
動きやすくて、痩せやすい
そんな筋肉をつけながらの
トレーニングです。

もちろん
お尻も上がります!


トレーニングによる筋肉への刺激も
しっかりと行うので、
目的に応じた、スタイルアップも
目指します。
大きな筋肉へ的確に
刺激を入れれば、
代謝も上がりやすく、
痩せやすいカラダを
手に入れることができますっ!

大きな筋肉の代表が、
お尻の筋肉。

ヒップアップもしながら
カラダをリセットしましょう!!

10名限定企画


今回は、このような効果的な
短期集中プログラムを
用意しました。
12月1月お申し込み限定で、
通常1回 11,000円のところ
限定10名限定で
13回セッションを77,000円で
ご提供します。

理想的なモデルプランは
最初の1ヶ月を週2回
慣れてきた次の1ヶ月を週1回
という流れを組めるとベスト

ご参加条件は。。。
・お一人様1回まで
・リセットしたいと強く思っている
・4ヶ月以内に13回通っていただける方

まずは、
お問い合わせフォーム、
電話、メール
インスタなどのDM
どんな方法でも構いません。
お気軽にご連絡ください!

先着10名限定の企画
となっておりますので、お早めに!!