夏までに!!

今日の東京は雪☃️
久々ですね。

山国出身の私は、この水分の多い雪が
あまり好きではなく。。。
昔は雪なら
「傘いらない、パンパンと払えばいいからぁ」
という感じでしたので。

東京の雪はドンドン水になるので
やっぱり傘は必須ですよね。。。

同じくパンパンと払えないのが
カラダについたお肉たち😭

特に年末の忘年会から正月、新年会で
しっかりため込んでしまったものを
払い落とさねば。。。

夏までに、、、


以前もお話ししましたが、

この時期は寒さで動きたくない。

また上着もきており、
カラダへの意識が下がりやすい。

そんな時期ですから、ため込んだものも
なかなかお別れ出来ずにいませんか?

ですが、今から準備しておけば、
夏までにそこまで無理なくマイナス5kgを目指せます。

月に1kgペースで落として行けば
余裕を持って夏に間に合いますからね。

つい油断


12月1月でついた分を一気に落とそうと
頑張った結果、
1ヶ月マイナス5kgを達成すると、、、

『なんだ、できるじゃん!』

という油断が生じます。

結果リバウンドなんてことも少なくありません💦

きちんとコントロールして、
徐々に脂肪を落としていくのが
パーソナルトレーニングの特徴。

良いトレーナーかどうかを見極めながら
まずは話を聞いてみるだけでも
価値があるかも〜

J STYLEももちろん相談は無料です。
お出かけの予定が微妙になった方は、
メールでもしてみてくださいw

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

厚底シューズの実際

予想以上の反響が出て、
ナ⚪︎キさんはウハウハでしょうね〜。

国際試合での利用が禁止!!

一般の消費者からすると、
これほどの宣伝文句はないと思います。

かく言う私も、欲しくなっていますからねw

ということで、今日は少し趣向の違うお話。

実際この靴のおかげで
結果が出ているのでしょうか?

あくまで個人の感想ですが、、

まず、
『そもそも選手の頑張りがあった』
これが大前提だと思いますね。

そこに

駅伝やマラソン界にも根性論だけではない
科学的なトレーニング方法が
取り入れられるようになってきたこと。

栄養についてもより専門的になってきたこと。

それに伴う練習環境が整備されてきたこと。

など、総合的な好条件のおかげで記録が良くなっていると思っています。

『フラット走法』


提唱されるファームも大きく変わってきました。
以前から足の機能を考えたら
踵から着地というのは、
ナンセンスだと伝えてきましたが、
まさにそれが『フラット走法』という形で
提唱されはじめました。

4つ足動物達もみんな、爪先立ちで歩いています。

靴選びも大切ですが、
自身の足の機能の確認もとても大切です。

足首が硬いせいで
腰痛、肩が上がらない、肩こり
などの症状を招くことも大いにありますので〜

ちなみに、、、
J STYLEでは、裸足でのトレーニングを
推奨しています。

裸足で足の指でしっかりと床を捕らえる。
そうすることで足の機能は高まります。
厚底のシューズじゃなくても、
クッション性、反発力の強い、もともと備わっている
足の機能をより高めることができますよ〜

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

トレーナーってみんな糖質制限してるの?

みなさん、こんにちは!

よく食事に行くと、、、
「やっぱり糖質制限してるの?」
「揚げ物とか食べないでしょ?」
「デザートとか食べないよね?」

などなど、よく聞かれますw

ですけど、、、
私たちもヒトなので、
やっぱりご飯は食べたいし、
揚げ物も好きです✌️
そして、そして、
甘いものも大好き(笑)

みなさんと変わらないです。

今日のテーマは、
『糖質制限』
ということで、、、
普段糖質と
どう付き合っているのか、
少しだけご紹介しましょ〜🎵

糖質カットは
ダメ!絶対!


大事なことは、
糖質はとても大切な
栄養素だということ。

カラダの中で
最も糖質を必要としているのは

ものすごく極端に言うと、
脳のために
糖質を摂りましょう!
カラダはその次。

特に、勉強や仕事で頭を使う方は、
しっかりと計画的に
糖質を摂ることが必要です。

「計画的に」が大事。

闇雲にとっていいかと言うと
やっぱりNG

摂りすぎた糖質は、
脂肪として蓄えられるのはもちろん
腸内環境の悪化
糖尿病の重症化
癌細胞の栄養
として活躍する可能性が
あります。

考え方によっては、
みんなに好かれて、
とても優秀な栄養素
ということですね。

ただの
摂りすぎです、、、


では実際にどのように
糖質と付き合えばいいのでしょうか?

まず、ベースとして
考えて欲しいのは、
多くの方がただ単に

『摂りすぎだ』

ということです。

食生活の変化などで、
基本的に糖質の多い食事を
するようになってしまっている
ことが問題の1つ。

ご飯に脂しっかりの牛肉の乗った
牛丼
糖質on糖質
ですね、、、

美味しくおしゃれな
パン屋さんも増え、
スタ⚪︎、ド⚪︎ール、ブルー⚪︎トルなど
パンケーキやタピオカも
糖質の塊です🥞

でも食べたい気持ちも
よくよくわかりますっ(笑)

だって、美味しいし
幸せな気持ちになりますからね〜

要は、
糖質に触れる機会が圧倒的に
増えてきているために、
『摂りすぎ』
になってしまっているんです。

では、どうやって対処すれば
良いのでしょうか?

もちろんそういった場所に
近づかないというのも1つですが

解決方法その1は、、、
やっぱり、食べたら動く!

糖質は、
カラダを動かす大切なエネルギー源

消費しちゃえばいいのです。

1番シンプルで単純ですが
理にかなった方法です!

その2
他で調整!

食べてしまう、、、
食べてしまった、、、

それをいつまでも
後悔していても仕方ない

そんな時は
その前後で調整することが大切!
夜はデートでスイーツまで。。。
だったらお昼はサラダにしようかな。

昨日は、
イタリアンでピザとパスタ🍝🍕
今朝は味噌汁だけにしよう。

などなど。

こんなふうにトータルで考えると
ゲーム感覚で調整ができます。

そう!
『糖質制限』よりも大切なのは
『糖質調整』です。

実は糖質よりも
怖いものが、、、


こんなふうに、
糖質と付き合うことで、
思ったよりも簡単に
コントロールできるようになります。

J STYLEでは、
短期的、長期的にも
食事の指導を行なっています。
食事指導だけでも
お力になれますので、
是非、ご相談を〜

あっ、ちなみに、、、
糖質よりも、
実は、、、
一緒に入っている
添加物や保存料の方が、
よっぽど悪影響もあり、
怖いんです💦

お気をつけくださいねっ!
『糖質カット』よりも、
『添加物カット』を
強くお勧めしまぁす!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!

ダイエットー基本のン

さていよいよ、
基本のン
基本のおそらく最終回です。

この『キホン』の
3つを意識すれば
大概成功しますが、
それ以外の細かい情報は、
これからも
アップし続けますので、
お楽しみにぃ〜。

ということで、
今日のテーマは
「自分を知る」

よく聞く話ですが、、、
今の自分の体重を知るとか
そういうことじゃありません。

より、実践的なお話。

あなたはどのタイプ??


体重について
知って欲しいことは、
今の体重ではなく、
自分の体重が、

増えているのか
減ってきているのか
それとも
しばらく変化なしなのか

これによって、
やらなくちゃいけないことも
変わってきます。

1.増えているあなた

まずは
太る素質があることを
褒めてあげましょう!
胃腸などの臓器も
正常に働いている証拠。

なかなか太らなくて
困っている方もいます。。。

さて、そんなあなたは
食べる前に
本当にお腹が空いているか
まずは自分に問い合わせ

それをするだけで、
少しずつカラダが
変わってきますよん

2.減っているあなた

食べているのに、
体重が減ってしまう。
太りたいのに、
食べられない。。。

そんなあなたは、
別のところに
理由がありそう。

運動して、お腹を空かせる
汗を出してスッキリする

そんな習慣を身につけると
いいかも。

3.変わっていないあなた

変わっていないところから
痩せたいあなたは、1番簡単。

いま摂取しているカロリーと
消費しているカロリーが
ちょうどいい感じということ。

あなたにあった運動を
少し追加するだけで、
カラダに変化が
起こり始めます。

運動習慣がなければ、
チャンスです!
何から始めるか
楽しみなくらいですね!
ウォーキング
ジョギング
トレーニング

何でもいいです。
何かをまずははじめてみましょう!!


あれ??
これで結構長くなってしまったので、、、
基本のンはまだまだ続きそう。。。

乞うご期待!!

※本日は占い風に書いてみましたw

ダイエットー基本のホ

基本のキは、、、

カロリーの足し算引き算

ということをお伝えしました。

まずは、
カロリーを少しだけ
気にしてみましょう!

消費カロリーを
増やす方法については、
まだまだこれから
お話しする機会があると
思います!

今日お話しする
基本のホ
も、栄養がらみのお話です。

片寄食事は
強力NG


よくある
〇〇制限
〇〇ファスティング

基本的に
偏った食事は
あまり
お勧めできません。。。

極端な話ですが、、、
食事を制限すれば、
もちろん痩せます。

でもやっぱり、
それを続けていくのは、
様々な負担が生じます。

ボクサーですら、、、


体重で階級が変わってしまう
ボクサーが大変な思いをして
減量しているのを
ご存知な方も多いと思います。
なぜ、大変なのに、
下げた体重を維持せずに
計量に向けて
毎度毎度、頑張って
体重を減らしていくのでしょうか?

やっぱり無理な減量は
カラダにとって
負担です。
カラダへの異常も
もちろんですが、
メンタルへの負担も
大きな問題です。

しっかり食べて
カラダを作る時期と
体重を絞る時期とを
しっかり分けているのです。

ボクサーですらですよ。

みなさんが
そこまでする必要はある?

食べて痩せるは
本当に可能?


この話を聞いて、
バランスよく常に食べて
バランスの良い
カラダを維持するのが
ベストだと思いませんか?

J STYLEでは、
明らかな食べ過ぎ、
飲み過ぎじゃなければ、
食事指導はしません。

食べることは、
とても大切な
欲求のうちの1つです。

それを必要以上に
我慢することは
お勧めできません。

食べながら痩せることも
難しくはありませんよー

ただ、ある程度
食べるものを選ぶ必要は
ありますけどね。。。

そのヒントを
あなたに合った形で
お伝えしていきます!

好き嫌いはやっぱり
ありますからねw

気になった方は、
一度ご相談ください。
こちらから↓↓↓

https://pfs-jstyle.net/contact.php

info@jconcept-inc.com

有酸素はいらない

本日は、
「ダイエットといえば、、、」の
有酸素性運動のお話です。
ウォーキングやランニング、水泳、
自転車やトレッドミルなど
数多くの有酸素性運動がありますが、、、

ダイエットを始めたい
痩せたい
これまでに失敗し続けている。。。

そんな方々には、

有酸素性運動はいりません!!

断言しちゃいます。
有酸素性運動をすると脂肪が燃えやすい
これは紛れもなく事実、、、だと思います。

実際に私自身は、
有酸素性運動、ジョギングで
脂肪を燃やすために動きます。
なぜなら。。。

私は走ることが好きだから。
もし有酸素性運動が得意で、好きな方は、
それでカラダを絞ることをお勧めします。
一番手っ取り早くて、
手軽にできて、
結果も出やすい。

でも、有酸素性運動の最大の欠点は、

時間がかかる
つまらない(ことが多い)
言い訳がたくさんできる(暑い、寒い、雨、、、)

だから
運動初心者の方
ダイエット始めますの方
これまで失敗を続けている方
には、必要ないのです。
そもそもやろうと思わなくていいのです!

巷では、、、
20分以上続けないと効果が出ない
とか言われていますが、、、
何もやっていない人が、
いきなり20分走り続けたら
そりゃ運動嫌いになっちゃいますw

そんなみなさんの強い味方が
パーソナルトレーナーです。

まずは、できる運動からスタート。
カラダの動きを見直して、必要な筋肉をつける。
基礎代謝を上げて、トータルの消費カロリーをUP
これで、まずは
体重が落ちていくきっかけを作りましょう!!
運動が習慣化し慣れてきたら、
有酸素性運動にチャレンジしてみる。

これでいいんです。
もちろんトレーニングに有酸素性運動を
組み合わせれば、100人力ですけどねー

もちろんトレーナー選びも大切です。

そこは慎重に行きましょう!!