”誰でも柔らかくなる”

こんにちは!

先日、キャンペーンの情報を
こちらのコラム、インスタやFBでも同時に
お知らせさせていただきました。

気になってしまった方は、是非是非
ご連絡いただけたらと思います。

ところでみなさん、、、
やっぱり柔軟性、諦めていませんか?

多くのクライエントの方に言われるのが、

「これ以上曲がる気がしない」
「ずっとこのままだから」
「生まれつき無理」

などなど、、、

まぁまず「生まれつき」というのは、
どう考えても間違え。
生まれつき硬い赤ちゃんがいたら大問題。。。

赤ちゃんの成長には必ず
柔軟性が必要になりますからね。

諦めたらそこで、、、


「これ以上曲がる気がしない」
「ずっとこのままだから」

と諦めているとそれ以上柔らかくなることは
まずもってないのでーす!

ゴムに刺激を入れないと劣化していくのと同様に
筋肉も刺激を入れなければ、
それ以上、伸びようと自ら努力はしてくれません。

「ずっとこのままだから」
それ以上動かさなければ
やっぱりずっとそのままなのです。

諦めたらそこで試合終了ですよ。。。
(by 安西先生)

カラダは柔らかくなる


筋肉はみなさんの思っている以上に従順です。
素直なんです。

使えばそのように反応するし、
使わなければ反応しません。

カラダの硬さは、
主に筋肉の硬さ。
細かくいうと、、、
腱や関節包、筋膜など他の原因もありますが、
まずは筋肉を正しく使ってみましょう!

年齢は関係なぁし!

必ずカラダは柔らかくなりますよ〜

ここまで行きましたぁー!

トレーニング体験受付中!!
こちらからお申し込みください
↓↓↓
https://pfs-jstyle.net/contact.php

〜セッション料金〜
パーソナル
初回体験   1時間  5,000円
1セッション 1時間  10,000円
週1回(4週間)    32,000円
指名(1セッション) 2,000円(1回)


カラダとココロの
コンディショニングを追及する
三軒茶屋にある
パーソナルトレーニングジム

Personal Fitness Salon J Style

TEL: 03-6886-4789
mail: info@jconcept-inc.com

インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

Personal Fitness Salon J STYLEは
カラダの専門家である理学療法士、柔道整復師(共に国家資格)である
トレーナーが確実に成果を出します。

皆様からのご連絡お待ちしております。

腰痛の改善第一歩

腰痛で悩まれてる方って多いですよね、、、💦

J STYLEにも腰痛でご紹介いただく方が、
非常に多いです。。。

ちなみに次いで多いのが、の悩み。

どちらも、まずはなぜ痛くなるのかについて
理解することが大切です。

と言っても、本当にたくさんのタイプがある腰痛。

なかなか簡単にはその全てに対応できる
医療従事者がいないのが現状。

そんな中でも、ご紹介いただけてるということは、
お役に立てているのかなと。。。w

症状と原因は10人10色


よくある
タイプ別〜、〜型の人は、、、
というのは、腰痛には残念ながら当てはまりません、、、💦
そんな、血液型のように簡単には、分けられないのが腰痛。

だからこそ、これだけの人が悩んでいるのです。

また診断名もあいまいです。
分離症、すべり症、ヘルニアなど
聞いたことある名前もあるかと思いますが、
これらも全て、起きる場所によって症状が変わってきます。

まさに
10人10色

なので、このタイプの人はこう!
などとは、決して言えないのです。

柔軟性はやっぱり重要


じゃぁ一体どうしたらいいの?
と、なりますよね。

まず、基本的な腰痛のメカニズムとしては、
腰椎と呼ばれる背骨の腰の部分を
使いすぎていることが、多くの原因。

なぜ使い過ぎてしまうのか、、、

24個ある背骨を使いこなせていないこと
肋骨の動きが硬くなっていること
股関節の動きがうまくできていないこと

この3つが原因で、動かしやすい腰に

負担がかかってしまいます。

その結果、腰痛を引き起こしていることがほとんど。
要するに、カラダのある箇所が硬くなってしまって
動かしやすいところに頼った
アクションを起こしている
ということです。

なので、やっぱり柔軟性を確保できていれば
それはリスクは解消されるのです。

最も重要なのはボディイメージ

いくら柔軟性があっても、
その関節を使いこなせなければ
意味がありません。

前屈は柔らかいのに腰痛もち
という方が少なくありません。

こういう方達のほとんどの方が
自分のカラダを操り切れていない
ことがあります。

腰はセッティング(いい位置で保つ)しながらも
股関節、脊椎、肩甲骨、骨盤を動かす

これができればほぼ腰痛になることはないでしょぅ!

まずは、鏡と向き合って
自分の動きが頭の中でイメージしているものと
鏡の中の自分とでどれだけ差があるか、
それをチェックしてみましょう!!

腰痛改善の第一歩です!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

片脚で立てますか?

突然ですが、、、
一無、二少、三多の日って
ご存知ですか??

日本記念日協会が認定した記念日なのですが、
今日1月23日がこの日に認定されています。

一無 無煙と禁煙
二少 少食、少酒
三多 多動、多休、多接
(たくさん動いて、たくさん休んで、たくさんの人と接する)

と言う意味だそうです。
日本生活習慣病予防協会が制定したもので、
たしかにカラダには良さそうですが、

無理やり感が否めないですね、、、💦

J STYLEも皆さんのココロとカラダの健康を考えて、
カラダを動かすことを推奨していますが、
ここで、皆さんにも簡単なチェックを
していただきましょう!!

昔から、体力テストなどでも用いられている
片脚立位、片足立ちです。

これが意外と曲者。。。

自信があると言う方も、さぁやってみましょぅ!

写真のようにはやらなくていいですよw

30秒耐えられても、、、


やり方は簡単。
片脚で立つ。ただそれだけ。
できれば裸足で行いましょう。

30秒耐えられれば ⭕️
20秒では、、、、 🔺
それ以下は、、、 ちと問題

30秒耐えられて満足してはダメ🙅‍♂️
それは当然のライン。
さらにベストは、
片脚立ちのまま、カラダを前に倒して
両手で爪先を触る。
これを10回連続でできて💮

移動は片脚立ちの連続


片脚立ちがなぜ、大切なのかというと、
まずは歩行も走行も
片脚立ちの連続であるということ。

片脚立ちでフラついてしまうということは、
歩くたびにカラダがブレてしまい、
腰痛の原因や、膝痛、転倒のリスクもアップ。。。

膝は抱えなくても大丈夫。
その場で止まって片脚立ち30秒できたとしても、
動きが伴った時にフラついてしまっては、
やっぱり、様々なリスクが増えます。

動きの中でも支えられるだけの筋力っていうのが
最低限のラインになりますね!

そうすれば転んでしまう心配もなく、
どこへでも自分の足でいけるカラダを
維持できます!

まずは、ご自身でチェックしてみてください。

その結果をぜひこちらまで!
↓↓↓

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

腕が上がらない、、、

J STYLEは、
パーソナルトレーニングのジムですが、、、

・腕が上がらない
・ぎっくり腰
・寝違えた

という方をよくご紹介いただきます。

理学療法士、柔道整復師という
本来、治療が本職であるトレーナーがおりますので、
そういった症状にも対応可能。

治療と運動(リハビリ)はセットとして考えるべきもの

まずは動ける状態に
リセットしてから運動するのが鉄則です。

その両方が同じところで、
できるのが最大の特徴。

腕が上がらない方も、
腰痛の方も、
遠慮なくご相談ください。

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

リハビリとトレーニングの境目


唐突ですが、
最初に挙げた症状のほとんどが、
自分のカラダを上手に使えていないことが原因。

何かのきっかけで、
カラダの動かし方を間違えて
覚えてしまい
その結果、
特定の筋肉や靭帯に負担がかかりすぎる。

それが痛みや運動制限を招くのです。

それに対し正しい動かし方を
再入力するのがリハビリ。
そこから強化するためにトレーニングを
行うのですが。。。

基本的にはダイエットも同じこと
ボディメイクなんてまさに同じ。

大きくしたい筋肉にしっかりと刺激を入れるためには、
その筋肉が動いていることをしっかりと意識して
トレーニングすることが必須です。

そう考えると
リハビリとトレーニングの境目はあってないようなもの

実際、四十肩で悩まられている方と、
肩を大きくしたいと思っていらっしゃる方との
トレーニングの内容は同じです。

医者に止められているけど、、、


また怪我をしながらも、
何か目標がある方も非常に多くいらして頂いています。

専門知識や経験があるからこそ、
そこに負担をかけずに
さらにその箇所を改善しつつ、
トレーニングを提供できる。

医者に運動は止めなさい
しばらく休みなさい

と言われても、カラダは動かしたい。
それがヒトです。

とりあえず痛みが取れるまでと思っている皆さんも
是非一度、ご相談いただければ、
要望にお応えできるかも知れません。

思い切って相談してみてくださいね!