夏までに!!

今日の東京は雪☃️
久々ですね。

山国出身の私は、この水分の多い雪が
あまり好きではなく。。。
昔は雪なら
「傘いらない、パンパンと払えばいいからぁ」
という感じでしたので。

東京の雪はドンドン水になるので
やっぱり傘は必須ですよね。。。

同じくパンパンと払えないのが
カラダについたお肉たち😭

特に年末の忘年会から正月、新年会で
しっかりため込んでしまったものを
払い落とさねば。。。

夏までに、、、


以前もお話ししましたが、

この時期は寒さで動きたくない。

また上着もきており、
カラダへの意識が下がりやすい。

そんな時期ですから、ため込んだものも
なかなかお別れ出来ずにいませんか?

ですが、今から準備しておけば、
夏までにそこまで無理なくマイナス5kgを目指せます。

月に1kgペースで落として行けば
余裕を持って夏に間に合いますからね。

つい油断


12月1月でついた分を一気に落とそうと
頑張った結果、
1ヶ月マイナス5kgを達成すると、、、

『なんだ、できるじゃん!』

という油断が生じます。

結果リバウンドなんてことも少なくありません💦

きちんとコントロールして、
徐々に脂肪を落としていくのが
パーソナルトレーニングの特徴。

良いトレーナーかどうかを見極めながら
まずは話を聞いてみるだけでも
価値があるかも〜

J STYLEももちろん相談は無料です。
お出かけの予定が微妙になった方は、
メールでもしてみてくださいw

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

寒い→肩をすくめる→肩こり

寒いですねー⛄️
例年に比べたら
そうでもないんでしょうけど、、、
でもやっぱり寒いですよね。

寒い時はつい、
肩をすくめてしまいます。。。🍃
ほとんどの方が
そうしてしまうのではないでしょうか?
(竦めるってこういう漢字を使うんですねw)

なぜ、肩をすくめてしまうんでしょう。。。
したからといって、
気温が上がるわけでもないですしね。。。
多少筋肉を使うのでもちろん熱は発します。
(前日のコラムも合わせてお読みください)
多少寒さはしのげるのも事実ですし、
首回りに風があたらないと、
結構寒さもしのげます。
その結果、
暖かくなったような気がするんですねー

肩コリを招く


しかし、肩をすくめていると、
肩甲骨が固定されてしまうため
肩こりや首のこりを招くことに
つながってしまいます。

肩すくめるために使われる
僧帽筋、肩甲挙筋と呼ばれる筋肉たちは、
まさに、肩こりを招く筋肉ですので
これらが固定されてしまうと、
肩や首周りの血流が低下し
筋肉が硬くなり
結果として、
肩こりになてしまいます。

肩甲骨を動かそう!


肩こりを解消させるためには
やはり先ほどの筋肉を動かすことが
もっとも近道で、正解です。

僧帽筋や肩甲挙筋を
動かすのに最適なのは
肩甲骨をいろいろな方向へ
動かすこと。

よく肩甲骨剥がしなのどのように
強制的に肩甲骨を引き上げたりなど
することもありますが、
結局自分の力で動かすことに
勝る方法はありません。

とにかく肩甲骨を
あらゆる方向へ動かしてみてください。

ちなみに
肩甲骨剥がしなどできなくても
問題ないですからねー。
肩甲骨が引き剥がれるよりも、
自分で動かせることの方がよっぽど大切ですし
効果が期待できますので!!

肩甲骨動画はこちら

是非皆さんも、
マフラーやネックウォーマーなどで
風を当たらないようにし、
肩をすくめなくても
いいようにして、思い切って肩を下げ
寒い冬を乗り越えましょ!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

美しく動こう!

優秀なトレーナーの多くは、
ヒトの歩いているところを
よく見ています。

「突然、ナンの宣言⁉︎」

という、感じもありますが、
これは事実だと思います。

また、理学療法士は学生時代から
『歩行分析』
というものに、
非常多くの時間を割きます。

人がどのように歩いているかを
分析するわけですが、、、

はっきり言って、
残念な歩き方をしている人が
多過ぎる、、、💦

お化粧や洋服は、
しっかり気にするのに、

なかには整形までして
形は整えるのに、、、

「歩き方を整えないのはなぜ?」

という方がたくさん
いらっしゃいます。

皆さんもう少し自分の歩き方を
観察してみては?

美しい歩き方は、
あなたをさらに
魅力的にしてくれますっ!

足を前に出しては
ダメっ!


そんな魅力的な歩き方は
どうすれば
習得できるのでしょうか?

まず大前提として、
足を前に出してはダメ
ということ。

えっ⁉︎
どういうこと⁉︎

という感じだと思いますが、
これが非常に大きなポイントです。

足を前に出そうとすると、
どうしても頭が後ろに下がり、
カラダのけぞる方向に。。。

その結果、反り腰になったり、
腹筋にうまく力が入らず、
下腹部、いわゆる下っ腹
出てきたり。。。


怖いですね、、、💦

でも、これを読んだらあなたも
もしかしたらその傾向が
あるかもしれませんよ〜

大切なのはやっぱり
『おしり』


でも足を前に出さないと
歩けないじゃないですか‼︎

というのもわかります。

では、どのように歩くのか。

まずは片足立ちになり、
地面を後ろに送るように
力を入れます。

するとカラダは前に進みますね!

この連続が、
美しい歩き方です。


実際にやってみるとわかりますが、
この歩き方は、
おしりをかなり使うのですが、
それがとても大切なのです。

カラダをおしりで支えながら、
おしりで前に進む。

ぜひ、この歩き方を身につけて、
美しい動き
を身につけるための
ファーストステップを
踏み出してみてください!!

『美しく動については、
まだまだ続きまーす!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!

トレーナーってみんな糖質制限してるの?

みなさん、こんにちは!

よく食事に行くと、、、
「やっぱり糖質制限してるの?」
「揚げ物とか食べないでしょ?」
「デザートとか食べないよね?」

などなど、よく聞かれますw

ですけど、、、
私たちもヒトなので、
やっぱりご飯は食べたいし、
揚げ物も好きです✌️
そして、そして、
甘いものも大好き(笑)

みなさんと変わらないです。

今日のテーマは、
『糖質制限』
ということで、、、
普段糖質と
どう付き合っているのか、
少しだけご紹介しましょ〜🎵

糖質カットは
ダメ!絶対!


大事なことは、
糖質はとても大切な
栄養素だということ。

カラダの中で
最も糖質を必要としているのは

ものすごく極端に言うと、
脳のために
糖質を摂りましょう!
カラダはその次。

特に、勉強や仕事で頭を使う方は、
しっかりと計画的に
糖質を摂ることが必要です。

「計画的に」が大事。

闇雲にとっていいかと言うと
やっぱりNG

摂りすぎた糖質は、
脂肪として蓄えられるのはもちろん
腸内環境の悪化
糖尿病の重症化
癌細胞の栄養
として活躍する可能性が
あります。

考え方によっては、
みんなに好かれて、
とても優秀な栄養素
ということですね。

ただの
摂りすぎです、、、


では実際にどのように
糖質と付き合えばいいのでしょうか?

まず、ベースとして
考えて欲しいのは、
多くの方がただ単に

『摂りすぎだ』

ということです。

食生活の変化などで、
基本的に糖質の多い食事を
するようになってしまっている
ことが問題の1つ。

ご飯に脂しっかりの牛肉の乗った
牛丼
糖質on糖質
ですね、、、

美味しくおしゃれな
パン屋さんも増え、
スタ⚪︎、ド⚪︎ール、ブルー⚪︎トルなど
パンケーキやタピオカも
糖質の塊です🥞

でも食べたい気持ちも
よくよくわかりますっ(笑)

だって、美味しいし
幸せな気持ちになりますからね〜

要は、
糖質に触れる機会が圧倒的に
増えてきているために、
『摂りすぎ』
になってしまっているんです。

では、どうやって対処すれば
良いのでしょうか?

もちろんそういった場所に
近づかないというのも1つですが

解決方法その1は、、、
やっぱり、食べたら動く!

糖質は、
カラダを動かす大切なエネルギー源

消費しちゃえばいいのです。

1番シンプルで単純ですが
理にかなった方法です!

その2
他で調整!

食べてしまう、、、
食べてしまった、、、

それをいつまでも
後悔していても仕方ない

そんな時は
その前後で調整することが大切!
夜はデートでスイーツまで。。。
だったらお昼はサラダにしようかな。

昨日は、
イタリアンでピザとパスタ🍝🍕
今朝は味噌汁だけにしよう。

などなど。

こんなふうにトータルで考えると
ゲーム感覚で調整ができます。

そう!
『糖質制限』よりも大切なのは
『糖質調整』です。

実は糖質よりも
怖いものが、、、


こんなふうに、
糖質と付き合うことで、
思ったよりも簡単に
コントロールできるようになります。

J STYLEでは、
短期的、長期的にも
食事の指導を行なっています。
食事指導だけでも
お力になれますので、
是非、ご相談を〜

あっ、ちなみに、、、
糖質よりも、
実は、、、
一緒に入っている
添加物や保存料の方が、
よっぽど悪影響もあり、
怖いんです💦

お気をつけくださいねっ!
『糖質カット』よりも、
『添加物カット』を
強くお勧めしまぁす!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!

習慣化の秘密

こんにちは!

今日の東京は
暖かいですねぇ〜☀️
1月とは思えない、
むしろ暑いくらい💦

汗をかいて
体温調節をすることに
慣れすぎていると
これくらいでも
汗が出てきて、
大変です💦

ということで、
本日は
慣れ、習慣化のお話です。
(無理やりでしたか、、、?)

やっぱりできない習慣化


トレーナーや
理学療法士をしていると
どうしてもお客様から

家ではできない
自分だけでは続かない
私は3日坊主で、、、

という声をよく聞きます。

ダイエットはもちろん、
ボディメイクや
カラダのメンテナンスも
習慣化が物凄く大切です。

でも、できない。。。

安心してください!
それは、
あなただけではありませんよ〜。

やっぱりなんでもそうですが、
習慣化は難しいのです。

みんな三日坊主で
当たり前


でもそれを、
1歩踏み出すように
習慣化するための方法があります。

それは、、、
あたり前ですが、
3日以上やってみるんです。

3日か続いたら、
4日目にチャレンジ。

ただ意外と
この当たり前ができない。

なぜでしょう。。。

それは、皆さん
高いハードルを設定しがち
だからです。

いきなり
ジョギングを30分
筋トレに週3回行く!
1ヶ月でマイナス5kg!!

これでは流石に続きません💦

小さなことから
コツコツと


まずは、
続けられる種目を
続けられる回数で
これが大切。

手始めに腹筋を10回やる
ときめたとしても、
それが続かなければ
5回でもいいんです!

それを初めて
1週間で最初の飽きがきますが、
それを乗り切れるように。

もうひと頑張りを続けて、、、
21日目

これが今回のマジックナンバー!
21
ここまで来ると
自然とカラダが
動いてくるでしょう!

その前に、、、
掲げた目標をもう一度確認。
今までやったこともないようなことを
習慣化することは本当に難しいです。

自分の中で、
どんなに小さくてもいいので、
できることを設定して、
習慣化にトライしましょう!!

ということで皆さん、
まずは21日間、頑張ってみてください。

そうすれば、
今までいくらやっても
ダメだったことが
習慣として
身につくことでしょぅ!!

一緒に頑張りましょうっ!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!

ダイエットー基本のン

さていよいよ、
基本のン
基本のおそらく最終回です。

この『キホン』の
3つを意識すれば
大概成功しますが、
それ以外の細かい情報は、
これからも
アップし続けますので、
お楽しみにぃ〜。

ということで、
今日のテーマは
「自分を知る」

よく聞く話ですが、、、
今の自分の体重を知るとか
そういうことじゃありません。

より、実践的なお話。

あなたはどのタイプ??


体重について
知って欲しいことは、
今の体重ではなく、
自分の体重が、

増えているのか
減ってきているのか
それとも
しばらく変化なしなのか

これによって、
やらなくちゃいけないことも
変わってきます。

1.増えているあなた

まずは
太る素質があることを
褒めてあげましょう!
胃腸などの臓器も
正常に働いている証拠。

なかなか太らなくて
困っている方もいます。。。

さて、そんなあなたは
食べる前に
本当にお腹が空いているか
まずは自分に問い合わせ

それをするだけで、
少しずつカラダが
変わってきますよん

2.減っているあなた

食べているのに、
体重が減ってしまう。
太りたいのに、
食べられない。。。

そんなあなたは、
別のところに
理由がありそう。

運動して、お腹を空かせる
汗を出してスッキリする

そんな習慣を身につけると
いいかも。

3.変わっていないあなた

変わっていないところから
痩せたいあなたは、1番簡単。

いま摂取しているカロリーと
消費しているカロリーが
ちょうどいい感じということ。

あなたにあった運動を
少し追加するだけで、
カラダに変化が
起こり始めます。

運動習慣がなければ、
チャンスです!
何から始めるか
楽しみなくらいですね!
ウォーキング
ジョギング
トレーニング

何でもいいです。
何かをまずははじめてみましょう!!


あれ??
これで結構長くなってしまったので、、、
基本のンはまだまだ続きそう。。。

乞うご期待!!

※本日は占い風に書いてみましたw

ダイエットー基本のホ

基本のキは、、、

カロリーの足し算引き算

ということをお伝えしました。

まずは、
カロリーを少しだけ
気にしてみましょう!

消費カロリーを
増やす方法については、
まだまだこれから
お話しする機会があると
思います!

今日お話しする
基本のホ
も、栄養がらみのお話です。

片寄食事は
強力NG


よくある
〇〇制限
〇〇ファスティング

基本的に
偏った食事は
あまり
お勧めできません。。。

極端な話ですが、、、
食事を制限すれば、
もちろん痩せます。

でもやっぱり、
それを続けていくのは、
様々な負担が生じます。

ボクサーですら、、、


体重で階級が変わってしまう
ボクサーが大変な思いをして
減量しているのを
ご存知な方も多いと思います。
なぜ、大変なのに、
下げた体重を維持せずに
計量に向けて
毎度毎度、頑張って
体重を減らしていくのでしょうか?

やっぱり無理な減量は
カラダにとって
負担です。
カラダへの異常も
もちろんですが、
メンタルへの負担も
大きな問題です。

しっかり食べて
カラダを作る時期と
体重を絞る時期とを
しっかり分けているのです。

ボクサーですらですよ。

みなさんが
そこまでする必要はある?

食べて痩せるは
本当に可能?


この話を聞いて、
バランスよく常に食べて
バランスの良い
カラダを維持するのが
ベストだと思いませんか?

J STYLEでは、
明らかな食べ過ぎ、
飲み過ぎじゃなければ、
食事指導はしません。

食べることは、
とても大切な
欲求のうちの1つです。

それを必要以上に
我慢することは
お勧めできません。

食べながら痩せることも
難しくはありませんよー

ただ、ある程度
食べるものを選ぶ必要は
ありますけどね。。。

そのヒントを
あなたに合った形で
お伝えしていきます!

好き嫌いはやっぱり
ありますからねw

気になった方は、
一度ご相談ください。
こちらから↓↓↓

https://pfs-jstyle.net/contact.php

info@jconcept-inc.com

疲れる姿勢が良い姿勢⁉︎

みなさんの考える
良い姿勢というのは、
どんな姿勢でしょうか?

J STYLEで
お伝えさせていただいている
良い姿勢は、、、

疲れる姿勢

決して楽ではありません。


筋肉を使って立つ

楽でいつまでも維持できる姿勢というのは、
筋肉を使っていない証拠。

筋肉を使えば必ず疲れますからね。

筋肉を使わずにどうやって
その姿勢を維持しているか、、、

骨の形に頼っている
もしくは
靭帯に頼っている

これらを続けていると、
関節への負担が増え、
・変形性関節症
・腰痛
・四十肩、五十肩

といった疾患になりやすく、

また靭帯に負担がかかり、
・靭帯損傷
・半月板損傷(軟骨損傷)
・ギックリ腰

といったリスクが高まります。

しっかりと筋肉を使って
自身の骨を支えることで
そう言った怪我へのリスクは
抑えられます。
また、長く同じ姿勢でいることが
困難なためカラダを動かしたくなります。

それが実は重要。

カラダを少しでも動かしながら、
筋肉を使うことで、
循環の滞りを作りにくく
むくみや冷え性などの症状も
抑えられるようになります。


カッコよく見える

筋肉を使って姿勢を維持する
最大のメリットは、、、
とにかくカッコよく見える!

これに尽きます。

ただし、人によって骨格が違い、
今ついている筋肉の状態が違う。

また生活スタイルや、
仕事の業種によって
必要な筋肉は変わってきます。

そこを見極めて、
適切な刺激を入れていくのが、
本当のボディメイクであり、
トレーナーの仕事です!!

どこを鍛えるべきかはまた後日ー。

 

しなやかBodyを手に入れよう

ゴリゴリ、バキバキなカラダと
しなやかで、スッとしたカラダ。。。

どちらが皆さんの理想でしょうか??

もちろんバッキバキが理想な方もいるでしょう。
バッキバキが好きな方でも、
自分はそうはなりたくない方も多いはず。

しなやかBodyを作るには、
柔らかくてしっかりとした筋肉を
手に入れる必要があります!!

ただ柔らかい筋肉を手に入れたいなら、
ストレッチやYOGAに勤しむのもOK!

ただ、それだけでは何かメリハリのないカラダ
何かキレのない動きしかできない
となることが非常に多いです。

今流行りのオール電化のように1本化せずに、
あらゆる刺激をカラダヘ入れ続けることが大切!


J STYLEの新しい特徴でもある

トレーニング✖️YOGA

は、まさにそれを現実化した
理想的なトレーニングの形!!
筋肉や関節をゆるめながら、筋肉をしっかりとつけていく。
この方法が、姿勢もよくなりケガも少ない方法です。


今年も、後10日。。。

忘年会もピークになってきていることと思われますが、、、

これをきっかけに、
しなやかBodyを手に入れよう!!

有酸素はいらない

本日は、
「ダイエットといえば、、、」の
有酸素性運動のお話です。
ウォーキングやランニング、水泳、
自転車やトレッドミルなど
数多くの有酸素性運動がありますが、、、

ダイエットを始めたい
痩せたい
これまでに失敗し続けている。。。

そんな方々には、

有酸素性運動はいりません!!

断言しちゃいます。
有酸素性運動をすると脂肪が燃えやすい
これは紛れもなく事実、、、だと思います。

実際に私自身は、
有酸素性運動、ジョギングで
脂肪を燃やすために動きます。
なぜなら。。。

私は走ることが好きだから。
もし有酸素性運動が得意で、好きな方は、
それでカラダを絞ることをお勧めします。
一番手っ取り早くて、
手軽にできて、
結果も出やすい。

でも、有酸素性運動の最大の欠点は、

時間がかかる
つまらない(ことが多い)
言い訳がたくさんできる(暑い、寒い、雨、、、)

だから
運動初心者の方
ダイエット始めますの方
これまで失敗を続けている方
には、必要ないのです。
そもそもやろうと思わなくていいのです!

巷では、、、
20分以上続けないと効果が出ない
とか言われていますが、、、
何もやっていない人が、
いきなり20分走り続けたら
そりゃ運動嫌いになっちゃいますw

そんなみなさんの強い味方が
パーソナルトレーナーです。

まずは、できる運動からスタート。
カラダの動きを見直して、必要な筋肉をつける。
基礎代謝を上げて、トータルの消費カロリーをUP
これで、まずは
体重が落ちていくきっかけを作りましょう!!
運動が習慣化し慣れてきたら、
有酸素性運動にチャレンジしてみる。

これでいいんです。
もちろんトレーニングに有酸素性運動を
組み合わせれば、100人力ですけどねー

もちろんトレーナー選びも大切です。

そこは慎重に行きましょう!!