片脚で立てますか?

突然ですが、、、
一無、二少、三多の日って
ご存知ですか??

日本記念日協会が認定した記念日なのですが、
今日1月23日がこの日に認定されています。

一無 無煙と禁煙
二少 少食、少酒
三多 多動、多休、多接
(たくさん動いて、たくさん休んで、たくさんの人と接する)

と言う意味だそうです。
日本生活習慣病予防協会が制定したもので、
たしかにカラダには良さそうですが、

無理やり感が否めないですね、、、💦

J STYLEも皆さんのココロとカラダの健康を考えて、
カラダを動かすことを推奨していますが、
ここで、皆さんにも簡単なチェックを
していただきましょう!!

昔から、体力テストなどでも用いられている
片脚立位、片足立ちです。

これが意外と曲者。。。

自信があると言う方も、さぁやってみましょぅ!

写真のようにはやらなくていいですよw

30秒耐えられても、、、


やり方は簡単。
片脚で立つ。ただそれだけ。
できれば裸足で行いましょう。

30秒耐えられれば ⭕️
20秒では、、、、 🔺
それ以下は、、、 ちと問題

30秒耐えられて満足してはダメ🙅‍♂️
それは当然のライン。
さらにベストは、
片脚立ちのまま、カラダを前に倒して
両手で爪先を触る。
これを10回連続でできて💮

移動は片脚立ちの連続


片脚立ちがなぜ、大切なのかというと、
まずは歩行も走行も
片脚立ちの連続であるということ。

片脚立ちでフラついてしまうということは、
歩くたびにカラダがブレてしまい、
腰痛の原因や、膝痛、転倒のリスクもアップ。。。

膝は抱えなくても大丈夫。
その場で止まって片脚立ち30秒できたとしても、
動きが伴った時にフラついてしまっては、
やっぱり、様々なリスクが増えます。

動きの中でも支えられるだけの筋力っていうのが
最低限のラインになりますね!

そうすれば転んでしまう心配もなく、
どこへでも自分の足でいけるカラダを
維持できます!

まずは、ご自身でチェックしてみてください。

その結果をぜひこちらまで!
↓↓↓

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

ケトジェニック?

Webや雑誌で最近やたらと良く聞きますね。

ダイエットの基本
減量の基本

のようなイメージがありますが、、、
果たしてどこまでの方が
正しく理解できているのか
疑問なところがあります。

脂質がメイン タンパク質を補助的に


そもそもケトジェニックとは、、、
炭水化物を極力摂らずに、
脂質とタンパク質で栄養を摂る食事方法。

もともとは「てんかん」の改善のために
用いられていた食事方法ってご存知でしたか??

筋肉のエネルギーの素になる炭水化物の摂取を減らし
脂質をメインに摂取することで
ケトン体という脳内で主に使われる栄養素を生成。
血液中のケトン体濃度を上昇させることで、
てんかんの発作を抑制するというもの。

結果として脂質を代謝しやすいカラダになるので、
脂肪が燃えやすいという効果も期待できるそう。

副作用として、、、
便秘や高コレステロール血症などの可能性もあるため、
もともとそういった症状がある方は注意が必要です。

大切なのはその辺も理解して進めてくださいね!

ということです。

ボディビルダーではない。。。


ダイエットや健康なカラダを維持するのに、
食事のコントロールが必要なのは
間違いありません。

あくまで
コントロール、調整
です。
食べすぎないように。

もし皆さんがボディビルダーとして、
大会を目指すなら、ケトジェニックも💮でしょぅ!

ただ、そうじゃない方がほとんど。
最終的にはみなさんの判断ですが、
詳しいヒトに聞いてみるのもいいかも。

J STYLEでは、国家資格保持者が皆様にあった
アドバイスをさせていただきます。

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

最強の暖房機能

今年はオリンピックイヤー
どんどん訪日外国人(インバウンド)の
数が増えてきているのを実感します。。。

この時期、
そんなインバウンドの方達を見ていて

なんで半袖??
サンダルじゃん!

みたいなことって
ありませんか?

JSTYLEのある三軒茶屋も
渋谷へのアクセスなどが
いいので、インバウンドの方を
よく見かけます。

彼らは、決して
やせ我慢をしているわけではなく。
旅の荷物を減らしたいからでもなく、、、
(中にはそういう方もいると思いますが)
そこまで寒く感じていないんだと思います。

なぜ、それだけ体感温度が違うでしょうか?

約6割は筋肉


私たち、ヒトという動物は、
恒温動物という種類に分類され
自ら体温を一定に保とうとする
能力が備わっています。。。
というのは、
小学生や中学生の時に
勉強しました。
覚えていますよね?

暑い時には
汗をかくなどして
熱を放出します。

寒い時期には
熱を自ら作り出し
寒さを和らげます。

体内で作られる熱の
約6割を生み出しているのが、筋肉
です。
筋肉を動かすことで
熱を生産しています。

寒い時に震えるのは、
熱を作り出す反応なんですね。

筋肉を動かそう


筋肉を動かすとカラダが温まる
というのは、なんとなく
ご存知だとは思います。

寒い時期は動き始めが
億劫にはなりますが、
思い切って動いてみると、
寒さを感じにくくなります。

そう
筋肉が最も最強の暖房器具
なのです!

さらに動くことで血流も
促されるので、
代謝も上がり冷え性対策にもなります。
エコにもなりますねw

文明の弊害


近年、エアコンなどの進化で
その元々備わっている
体温調節能力が低下
していると言われています。

バリアフリーが進んだことで
転倒リスクが増えたという
事実もあります。
これらも文明の発展に伴う
弊害かもしれませんね。

便利になる過ぎるばかりが
良いことではありません。

トレーニングもそうですが、
たまには過酷な環境に身を置くのも
良いのかもしれませんね。

あっだからと言って、
サンダルで街を歩かなくても
いいですからねw

ただし
家の中は裸足になると
いいこと
増えそうですよー

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

美しく動こう!

優秀なトレーナーの多くは、
ヒトの歩いているところを
よく見ています。

「突然、ナンの宣言⁉︎」

という、感じもありますが、
これは事実だと思います。

また、理学療法士は学生時代から
『歩行分析』
というものに、
非常多くの時間を割きます。

人がどのように歩いているかを
分析するわけですが、、、

はっきり言って、
残念な歩き方をしている人が
多過ぎる、、、💦

お化粧や洋服は、
しっかり気にするのに、

なかには整形までして
形は整えるのに、、、

「歩き方を整えないのはなぜ?」

という方がたくさん
いらっしゃいます。

皆さんもう少し自分の歩き方を
観察してみては?

美しい歩き方は、
あなたをさらに
魅力的にしてくれますっ!

足を前に出しては
ダメっ!


そんな魅力的な歩き方は
どうすれば
習得できるのでしょうか?

まず大前提として、
足を前に出してはダメ
ということ。

えっ⁉︎
どういうこと⁉︎

という感じだと思いますが、
これが非常に大きなポイントです。

足を前に出そうとすると、
どうしても頭が後ろに下がり、
カラダのけぞる方向に。。。

その結果、反り腰になったり、
腹筋にうまく力が入らず、
下腹部、いわゆる下っ腹
出てきたり。。。


怖いですね、、、💦

でも、これを読んだらあなたも
もしかしたらその傾向が
あるかもしれませんよ〜

大切なのはやっぱり
『おしり』


でも足を前に出さないと
歩けないじゃないですか‼︎

というのもわかります。

では、どのように歩くのか。

まずは片足立ちになり、
地面を後ろに送るように
力を入れます。

するとカラダは前に進みますね!

この連続が、
美しい歩き方です。


実際にやってみるとわかりますが、
この歩き方は、
おしりをかなり使うのですが、
それがとても大切なのです。

カラダをおしりで支えながら、
おしりで前に進む。

ぜひ、この歩き方を身につけて、
美しい動き
を身につけるための
ファーストステップを
踏み出してみてください!!

『美しく動については、
まだまだ続きまーす!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!

ダイエットー基本のン

さていよいよ、
基本のン
基本のおそらく最終回です。

この『キホン』の
3つを意識すれば
大概成功しますが、
それ以外の細かい情報は、
これからも
アップし続けますので、
お楽しみにぃ〜。

ということで、
今日のテーマは
「自分を知る」

よく聞く話ですが、、、
今の自分の体重を知るとか
そういうことじゃありません。

より、実践的なお話。

あなたはどのタイプ??


体重について
知って欲しいことは、
今の体重ではなく、
自分の体重が、

増えているのか
減ってきているのか
それとも
しばらく変化なしなのか

これによって、
やらなくちゃいけないことも
変わってきます。

1.増えているあなた

まずは
太る素質があることを
褒めてあげましょう!
胃腸などの臓器も
正常に働いている証拠。

なかなか太らなくて
困っている方もいます。。。

さて、そんなあなたは
食べる前に
本当にお腹が空いているか
まずは自分に問い合わせ

それをするだけで、
少しずつカラダが
変わってきますよん

2.減っているあなた

食べているのに、
体重が減ってしまう。
太りたいのに、
食べられない。。。

そんなあなたは、
別のところに
理由がありそう。

運動して、お腹を空かせる
汗を出してスッキリする

そんな習慣を身につけると
いいかも。

3.変わっていないあなた

変わっていないところから
痩せたいあなたは、1番簡単。

いま摂取しているカロリーと
消費しているカロリーが
ちょうどいい感じということ。

あなたにあった運動を
少し追加するだけで、
カラダに変化が
起こり始めます。

運動習慣がなければ、
チャンスです!
何から始めるか
楽しみなくらいですね!
ウォーキング
ジョギング
トレーニング

何でもいいです。
何かをまずははじめてみましょう!!


あれ??
これで結構長くなってしまったので、、、
基本のンはまだまだ続きそう。。。

乞うご期待!!

※本日は占い風に書いてみましたw

ダイエットー基本のホ

基本のキは、、、

カロリーの足し算引き算

ということをお伝えしました。

まずは、
カロリーを少しだけ
気にしてみましょう!

消費カロリーを
増やす方法については、
まだまだこれから
お話しする機会があると
思います!

今日お話しする
基本のホ
も、栄養がらみのお話です。

片寄食事は
強力NG


よくある
〇〇制限
〇〇ファスティング

基本的に
偏った食事は
あまり
お勧めできません。。。

極端な話ですが、、、
食事を制限すれば、
もちろん痩せます。

でもやっぱり、
それを続けていくのは、
様々な負担が生じます。

ボクサーですら、、、


体重で階級が変わってしまう
ボクサーが大変な思いをして
減量しているのを
ご存知な方も多いと思います。
なぜ、大変なのに、
下げた体重を維持せずに
計量に向けて
毎度毎度、頑張って
体重を減らしていくのでしょうか?

やっぱり無理な減量は
カラダにとって
負担です。
カラダへの異常も
もちろんですが、
メンタルへの負担も
大きな問題です。

しっかり食べて
カラダを作る時期と
体重を絞る時期とを
しっかり分けているのです。

ボクサーですらですよ。

みなさんが
そこまでする必要はある?

食べて痩せるは
本当に可能?


この話を聞いて、
バランスよく常に食べて
バランスの良い
カラダを維持するのが
ベストだと思いませんか?

J STYLEでは、
明らかな食べ過ぎ、
飲み過ぎじゃなければ、
食事指導はしません。

食べることは、
とても大切な
欲求のうちの1つです。

それを必要以上に
我慢することは
お勧めできません。

食べながら痩せることも
難しくはありませんよー

ただ、ある程度
食べるものを選ぶ必要は
ありますけどね。。。

そのヒントを
あなたに合った形で
お伝えしていきます!

好き嫌いはやっぱり
ありますからねw

気になった方は、
一度ご相談ください。
こちらから↓↓↓

https://pfs-jstyle.net/contact.php

info@jconcept-inc.com

ダイエットー基本のキ

さぁ9連休が始まりましたね!

時間もできて、
このコラムに出会して頂いた
皆さまに、
ダイエットについて、
改めてお話しさせて
いただこうと思います!

今日は
基本のキ
です

朝昼で調整しましょ!


ダイエットを始めると
気にされがちなのは
カロリー
という数字。

しかも摂取するカロリー
ばかりを気にしがち。

ホンのすこーし消費カロリーも
気にしてみましょう〜!

消費カロリーが
摂取カロリーを上回れば
やっぱり体重は減っていきます。

細かいいろいろは
あるけど、とりあえず
いったん置いといて。

まずはこの基本に立ち返ると
じつは、ダイエットって
簡単かも。。。

要は、、、
夜はしっかり食べても、
朝昼で調整すれば良い。

そういうことです。

今日も忘年会の方は、
お昼をすこーし我慢。

まずはそこから
ダイエットは
始まりますよ〜♬

次回は基本のホ〜

お尻を上げるヒント

今日はすこーしだけ
専門的なお話です。

ヒップアップは、
男性も女性も望むもの。

ダボっとしたズボンや
スカートもいいけど、
タイト目のジーンズやスカートを
『カッコよく着こなしたい!!』

そのために
ヒップアップは必須です!!
そのためのヒントを大公開。

お尻には筋肉が3つある


お尻を形作る筋肉には、
大臀筋、中臀筋、小臀筋
という、3つの筋肉があります。

1番外側にある大臀筋が
主にヒップの形を作り、
中臀筋、小臀筋がそれを支えます。

またトレーニングだけでなく、
ウォーキングやランニングで
ヒップアップを目指す際にも、
中臀筋と小臀筋が
非常に重要な仕事をします。

これらをきちんと分けて
考えながら鍛えることが大切。

形作る大臀筋と支える臀筋。

用途が違えば、鍛え方も異なります。

大臀筋は脚を上げる、
中臀筋は体重を支える!


ではどのように鍛え分ければいいのでしょうか、、、

答えはこちら
↓↓↓

形を作る大臀筋は、
脚を持ち上げる、蹴り上げる、
そんな動作で行いましょう!

中臀筋、小臀筋は、
スクワットなどのように
体重をかけながら行う
トレーニングがベスト!!


皆さんも
この筋肉の違いを理解し、
意識して鍛えることで、
効率的にプリッと上がったお尻を
手に入れることができます!!

コートでお尻が隠れているうちに、
みんなに内緒で
ヒップアップしちゃいましょう!!