カラダが軽いとココロも軽い

トレーニングをしていると、
2種類のカラダの軽さ
を感じることがあります。

1つは、いわゆる体重
数字的なカラダの軽さ

もう1つは動いた時に感じる
カラダが動かしやすいという
感覚的なカラダの軽さ

この2つです。

この両方を感じた時に、
ほぼ100%のヒトが当然のように
笑顔になりますw

ただ、数字の軽さだけだと、
実際に軽くなっているのに
自分の理想に達していないと
笑顔にならないこともあります。

一方、2つ目の感覚的な軽さを
先に感じてもらうと、
90%以上の人が笑顔になります。
そのあとチェックする数字に
あまり変化がなくてもです。

カラダが軽いと感じると気持ちも軽くなり
自然と笑顔になるんですね。

科学的にも、
いろいろな形でこれについては
証明されています。

私も、ストレスを感じる時は、
カラダを動かすことにしています。
私のストレス解消法は、走ること。

何かモヤモヤして、集中できない時も
一度カラダを動かすとすっきりします。
いろいろ整理されます。

カラダを動かしているときに、
フッといいアイデアが浮かぶこともあります。

これには運動の強度の調整が
ものすごく大切なのです。

誰しもが走れば良いというわけではないので、
決して無理矢理それを勧めたりはしません。

1人でのトレーニングは追い込みきれず。
グループのクラスに参加するとなんか集中できない。

やっぱり月に1度でもパーソナルを入れると
そのバランスも整いますね。

ということで、J STYLEには
月1でいらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
遠方だからという理由もありますけどね。

月1なら行けるかも、、、
月2はどうなの?
という方、ぜひ一度ご連絡ください。

月に2回のプランをただいま作成中です。
問い合わせいただいた方には、
今からでも受け付けちゃいます!


トレーニング体験受付中!!
こちらからお申し込みください
↓↓↓
https://pfs-jstyle.net/contact.php

公式ラインも始めました!

〜セッション料金〜
パーソナル
初回体験   1時間  5,000円
1セッション 1時間  10,000円
週1回(4週間)    32,000円
指名(1セッション) 2,000円(1回)


 

カラダとココロの
コンディショニングを追及する
三軒茶屋にある
パーソナルトレーニングジム

TEL: 03-6886-4789
mail: info@jconcept-inc.com


インスタもチェック!!

↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

カラダの専門家である理学療法士、
柔道整復師(共に国家資格)である
トレーナーが確実に成果を出します。

皆様からのご連絡お待ちしております。

語れる背中に

「親の背中を見て、、、」
「背中で語る」

背中って割と良い意味、ポジティブな意味で使われますよね。

みなさんの背中はどうでしょうか?

語れる背中になっていますか?

胸は以外と日常生活でも使うのですが、
背中はあまりヒトの日常生活では使わないため、
やっぱり意識してトレーニングすることが大切です。

背中を作ると胸もUP!


背中の筋肉を使う動作は、どちらかというと引っ張る動き
成長とともに日常生活の中では、引っ張る動作が減っています。
鉄棒や綱引きとかしないですからね💦

背中を鍛えると、
肩甲骨がしっかりと動くようになっていきます。
その結果、胸が開きやすくなり、
胸が上を向いてくれます。
バストアップにも背中のトレーニングは
とても重要なんです。

左右差に注意


背中のトレーニングで代表的な
懸垂やラットプルダウン
というトレーニングがありますが、
どちらも最終的なポジションばかりを気にしてしまい
腕の力に頼ることになってしまいます。

懸垂では、バーに顎が当たるように。。。
ラットプルダウンでは、バーが胸に着くように。。。

しかし大事なのは、そこではなく
「きちんと背中に効いているか」

特に左右の使い方を意識する。
やっぱり無意識に強い方に頼ってしまいますからね。

そういう時は肩甲骨の動きを意識すると良いですよー

肩甲骨の運動


懸垂にしても、ラットプルにしても、、、
ご自宅では、少しやりにくいトレーニング。
器具や道具が必要になりますからね。

せっかくですので自宅でもできる
背中のトレーニングをご紹介しましょう!
ポイントは肩甲骨!

まずは肩甲骨を寄せる運動です。
前かがみで立ち、だらんと腕を垂らしたところから
水平になるまで腕を広げながら、
肩甲骨を寄せていきます。

これができたら、
上半身はそのまま、バンザイをしていきます。
肘はできるだけ伸ばしてください。
肘を伸ばしたまま耳よりも腕が高くなるように!

最後は、
肩甲骨を引き下げる運動です。
単独で肩甲骨を引き下げよう押しても難しいので
腕の助けを借ります。
スタートはやはり前かがみ
90度曲げた肘を高く引いた位置から
腕を回すように手首を持ち上げます。

以上3つをやってみましょう!!
そうすることで肩甲骨を通して、
背中へ刺激を入れていきます。

語れる背中を作るためにぜひやってみてください!!


トレーニング体験受付中!!
こちらからお申し込みください
↓↓↓
https://pfs-jstyle.net/contact.php

〜セッション料金〜
パーソナル
初回体験   1時間  5,000円
1セッション 1時間  10,000円
週1回(4週間)  32,000円
指名(1セッション)2,000円(1回)


カラダとココロのコンディショニングを追及する
三軒茶屋にあるパーソナルトレーニングジム

Personal Fitness Salon J Style
by J CONCEPT

TEL: 03-6886-4789
mail: info@jconcept-inc.com

インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

トレーニングで胸は作れる⁉️

女性のニーズで最も多いもの1つが
バストアップ

他は痩せたいけど、ここは痩せたくない!

『そんなのわがままですよね?』

とよく言われますが、
正直にお答えすると。

ある程度は可能です!

決してバストアップできますよ!
とは言いきれない。
何かを入れない限りは💦

ただ、
今よりもふっくらさせる
バストを上向きにする
形を整える

これらは可能。

補正下着などで、形を整えることも必要かもしれませんが、
筋肉で作り上げれば脱いでも維持されます!

鍛える+緩める


では実際にどんなことをすればいいのでしょうか?

その1
やっぱり鍛える

一番大切なのは、胸のトレーニングではなく背中
胸のトレーニングを頑張りすぎると、
胸の上の部分に筋肉が付いてくるため、
胸は下を向きがちに。。。
さらに間違った胸のトレーニングは
背中を丸めてしまい、巻き肩を助長するため、
姿勢も悪くなります。
結果どんどん下を向いて垂れる方向に

胸ももちろん鍛えるのですが、
大事なのはその鍛えた筋肉も含め
背中側から引っ張り上げてくれること。

そのための背中のトレーニングが必須になります!!

その2
そして緩める

胸の主な成分は脂肪。
脂肪を包んでいるのも膜であるため、
引っ張られるとそちらに流れてしまいます。

非常に多いのが、肋骨のあたりが固くなり
外側へ引っ張られてしまい、、、
さらに腹筋を通じて下の方へ引っ張られ、、、

これらが協働した結果、
胸が外側に流れ、下に垂れる。

これらを補正下着などで位置を整えることはできても
やはり外したら、、、

ということで、
脇の下の組織や腹筋などを緩めてあげることが
自然のバストアップを求めるには
必要になるんです!

これはものすごく出来過ぎな例ですが、、、

45分のセッション2回の結果です。

皆さんも試してみませんか?

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

片脚で立てますか?

突然ですが、、、
一無、二少、三多の日って
ご存知ですか??

日本記念日協会が認定した記念日なのですが、
今日1月23日がこの日に認定されています。

一無 無煙と禁煙
二少 少食、少酒
三多 多動、多休、多接
(たくさん動いて、たくさん休んで、たくさんの人と接する)

と言う意味だそうです。
日本生活習慣病予防協会が制定したもので、
たしかにカラダには良さそうですが、

無理やり感が否めないですね、、、💦

J STYLEも皆さんのココロとカラダの健康を考えて、
カラダを動かすことを推奨していますが、
ここで、皆さんにも簡単なチェックを
していただきましょう!!

昔から、体力テストなどでも用いられている
片脚立位、片足立ちです。

これが意外と曲者。。。

自信があると言う方も、さぁやってみましょぅ!

写真のようにはやらなくていいですよw

30秒耐えられても、、、


やり方は簡単。
片脚で立つ。ただそれだけ。
できれば裸足で行いましょう。

30秒耐えられれば ⭕️
20秒では、、、、 🔺
それ以下は、、、 ちと問題

30秒耐えられて満足してはダメ🙅‍♂️
それは当然のライン。
さらにベストは、
片脚立ちのまま、カラダを前に倒して
両手で爪先を触る。
これを10回連続でできて💮

移動は片脚立ちの連続


片脚立ちがなぜ、大切なのかというと、
まずは歩行も走行も
片脚立ちの連続であるということ。

片脚立ちでフラついてしまうということは、
歩くたびにカラダがブレてしまい、
腰痛の原因や、膝痛、転倒のリスクもアップ。。。

膝は抱えなくても大丈夫。
その場で止まって片脚立ち30秒できたとしても、
動きが伴った時にフラついてしまっては、
やっぱり、様々なリスクが増えます。

動きの中でも支えられるだけの筋力っていうのが
最低限のラインになりますね!

そうすれば転んでしまう心配もなく、
どこへでも自分の足でいけるカラダを
維持できます!

まずは、ご自身でチェックしてみてください。

その結果をぜひこちらまで!
↓↓↓

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

夏までに!!

今日の東京は雪☃️
久々ですね。

山国出身の私は、この水分の多い雪が
あまり好きではなく。。。
昔は雪なら
「傘いらない、パンパンと払えばいいからぁ」
という感じでしたので。

東京の雪はドンドン水になるので
やっぱり傘は必須ですよね。。。

同じくパンパンと払えないのが
カラダについたお肉たち😭

特に年末の忘年会から正月、新年会で
しっかりため込んでしまったものを
払い落とさねば。。。

夏までに、、、


以前もお話ししましたが、

この時期は寒さで動きたくない。

また上着もきており、
カラダへの意識が下がりやすい。

そんな時期ですから、ため込んだものも
なかなかお別れ出来ずにいませんか?

ですが、今から準備しておけば、
夏までにそこまで無理なくマイナス5kgを目指せます。

月に1kgペースで落として行けば
余裕を持って夏に間に合いますからね。

つい油断


12月1月でついた分を一気に落とそうと
頑張った結果、
1ヶ月マイナス5kgを達成すると、、、

『なんだ、できるじゃん!』

という油断が生じます。

結果リバウンドなんてことも少なくありません💦

きちんとコントロールして、
徐々に脂肪を落としていくのが
パーソナルトレーニングの特徴。

良いトレーナーかどうかを見極めながら
まずは話を聞いてみるだけでも
価値があるかも〜

J STYLEももちろん相談は無料です。
お出かけの予定が微妙になった方は、
メールでもしてみてくださいw

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

寒い→肩をすくめる→肩こり

寒いですねー⛄️
例年に比べたら
そうでもないんでしょうけど、、、
でもやっぱり寒いですよね。

寒い時はつい、
肩をすくめてしまいます。。。🍃
ほとんどの方が
そうしてしまうのではないでしょうか?
(竦めるってこういう漢字を使うんですねw)

なぜ、肩をすくめてしまうんでしょう。。。
したからといって、
気温が上がるわけでもないですしね。。。
多少筋肉を使うのでもちろん熱は発します。
(前日のコラムも合わせてお読みください)
多少寒さはしのげるのも事実ですし、
首回りに風があたらないと、
結構寒さもしのげます。
その結果、
暖かくなったような気がするんですねー

肩コリを招く


しかし、肩をすくめていると、
肩甲骨が固定されてしまうため
肩こりや首のこりを招くことに
つながってしまいます。

肩すくめるために使われる
僧帽筋、肩甲挙筋と呼ばれる筋肉たちは、
まさに、肩こりを招く筋肉ですので
これらが固定されてしまうと、
肩や首周りの血流が低下し
筋肉が硬くなり
結果として、
肩こりになてしまいます。

肩甲骨を動かそう!


肩こりを解消させるためには
やはり先ほどの筋肉を動かすことが
もっとも近道で、正解です。

僧帽筋や肩甲挙筋を
動かすのに最適なのは
肩甲骨をいろいろな方向へ
動かすこと。

よく肩甲骨剥がしなのどのように
強制的に肩甲骨を引き上げたりなど
することもありますが、
結局自分の力で動かすことに
勝る方法はありません。

とにかく肩甲骨を
あらゆる方向へ動かしてみてください。

ちなみに
肩甲骨剥がしなどできなくても
問題ないですからねー。
肩甲骨が引き剥がれるよりも、
自分で動かせることの方がよっぽど大切ですし
効果が期待できますので!!

肩甲骨動画はこちら

是非皆さんも、
マフラーやネックウォーマーなどで
風を当たらないようにし、
肩をすくめなくても
いいようにして、思い切って肩を下げ
寒い冬を乗り越えましょ!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

最強の暖房機能

今年はオリンピックイヤー
どんどん訪日外国人(インバウンド)の
数が増えてきているのを実感します。。。

この時期、
そんなインバウンドの方達を見ていて

なんで半袖??
サンダルじゃん!

みたいなことって
ありませんか?

JSTYLEのある三軒茶屋も
渋谷へのアクセスなどが
いいので、インバウンドの方を
よく見かけます。

彼らは、決して
やせ我慢をしているわけではなく。
旅の荷物を減らしたいからでもなく、、、
(中にはそういう方もいると思いますが)
そこまで寒く感じていないんだと思います。

なぜ、それだけ体感温度が違うでしょうか?

約6割は筋肉


私たち、ヒトという動物は、
恒温動物という種類に分類され
自ら体温を一定に保とうとする
能力が備わっています。。。
というのは、
小学生や中学生の時に
勉強しました。
覚えていますよね?

暑い時には
汗をかくなどして
熱を放出します。

寒い時期には
熱を自ら作り出し
寒さを和らげます。

体内で作られる熱の
約6割を生み出しているのが、筋肉
です。
筋肉を動かすことで
熱を生産しています。

寒い時に震えるのは、
熱を作り出す反応なんですね。

筋肉を動かそう


筋肉を動かすとカラダが温まる
というのは、なんとなく
ご存知だとは思います。

寒い時期は動き始めが
億劫にはなりますが、
思い切って動いてみると、
寒さを感じにくくなります。

そう
筋肉が最も最強の暖房器具
なのです!

さらに動くことで血流も
促されるので、
代謝も上がり冷え性対策にもなります。
エコにもなりますねw

文明の弊害


近年、エアコンなどの進化で
その元々備わっている
体温調節能力が低下
していると言われています。

バリアフリーが進んだことで
転倒リスクが増えたという
事実もあります。
これらも文明の発展に伴う
弊害かもしれませんね。

便利になる過ぎるばかりが
良いことではありません。

トレーニングもそうですが、
たまには過酷な環境に身を置くのも
良いのかもしれませんね。

あっだからと言って、
サンダルで街を歩かなくても
いいですからねw

ただし
家の中は裸足になると
いいこと
増えそうですよー

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!
↑↑↑
フォローしてくれると嬉しいです!!

美しく動こう!

優秀なトレーナーの多くは、
ヒトの歩いているところを
よく見ています。

「突然、ナンの宣言⁉︎」

という、感じもありますが、
これは事実だと思います。

また、理学療法士は学生時代から
『歩行分析』
というものに、
非常多くの時間を割きます。

人がどのように歩いているかを
分析するわけですが、、、

はっきり言って、
残念な歩き方をしている人が
多過ぎる、、、💦

お化粧や洋服は、
しっかり気にするのに、

なかには整形までして
形は整えるのに、、、

「歩き方を整えないのはなぜ?」

という方がたくさん
いらっしゃいます。

皆さんもう少し自分の歩き方を
観察してみては?

美しい歩き方は、
あなたをさらに
魅力的にしてくれますっ!

足を前に出しては
ダメっ!


そんな魅力的な歩き方は
どうすれば
習得できるのでしょうか?

まず大前提として、
足を前に出してはダメ
ということ。

えっ⁉︎
どういうこと⁉︎

という感じだと思いますが、
これが非常に大きなポイントです。

足を前に出そうとすると、
どうしても頭が後ろに下がり、
カラダのけぞる方向に。。。

その結果、反り腰になったり、
腹筋にうまく力が入らず、
下腹部、いわゆる下っ腹
出てきたり。。。


怖いですね、、、💦

でも、これを読んだらあなたも
もしかしたらその傾向が
あるかもしれませんよ〜

大切なのはやっぱり
『おしり』


でも足を前に出さないと
歩けないじゃないですか‼︎

というのもわかります。

では、どのように歩くのか。

まずは片足立ちになり、
地面を後ろに送るように
力を入れます。

するとカラダは前に進みますね!

この連続が、
美しい歩き方です。


実際にやってみるとわかりますが、
この歩き方は、
おしりをかなり使うのですが、
それがとても大切なのです。

カラダをおしりで支えながら、
おしりで前に進む。

ぜひ、この歩き方を身につけて、
美しい動き
を身につけるための
ファーストステップを
踏み出してみてください!!

『美しく動については、
まだまだ続きまーす!

📧info@jconcept−inc.com
☎️03−6886−4789
インスタもチェック!!

ダイエットー基本のンその2

やっぱりきました。
その2!

まだまだ
お伝えしたいことが
沢山ありますので
悪しからず。。。

その1では
体重の推移について
を知ろうという
お話でしたね

さて今回の
「自分」は、
じぶんの体がどこまで動くのか
ということ。

柔軟性とダイエットについては
以前、お話させてもらいました。
(こちらを参照)

1つでも沢山の細胞を
動かすことができれば
必然的に代謝が上がり
消費カロリーは増えていきます。

そこで、
今、自分のカラダが
どこまで動くのかを
きちんと理解し、
そこまできちんと動かすこと
それが重要になってきます。

ヒトは効率を求める動物


自分はそうじゃないと
思っていても、、、
やっぱりヒトは楽な方を
求めてしまいます。

特にカラダの動かし方は
顕著にそうなります。

一部しか使わない、、、
その結果
肩こり、四十肩、ぎっくり腰
などを招いてしまう。。。

できるだけ効率よく
動こうとした結果、
怪我という代償を
払うことになって
しまうのです。

であれば、
最初からしっかりと
使うことで、
怪我もなく痩せちゃう
ってメリットだらけ
じゃないですか?
すこーし疲れますけどねw

たくさんの細胞を使う


自分のカラダが
どれだけ動くかを知り
その範囲をくまなく動かす

そうすることで
今のあなたが
使うことができる
細胞のすべてに刺激が入ります。

そうすることで、
33兆個と言われている
細胞のうち
使われる割合を
高めることができ
消費カロリーを増やし
血流を高めることができます。

とりあえず動かしてみよう


さてさて
少し自分の動きが
気になってきたあなた
まずは、開脚からチェック!

しかも前後の開脚が
ベストです。

股関節からしっかりと
動かすことで
より代謝もアップしますよ。

続いては体幹の側屈
これも以外と重要ですが
普段あまりしない動きです。

まずはこの2つから
チェックとチャレンジを
してみましょう!!

ダイエットー基本のン

さていよいよ、
基本のン
基本のおそらく最終回です。

この『キホン』の
3つを意識すれば
大概成功しますが、
それ以外の細かい情報は、
これからも
アップし続けますので、
お楽しみにぃ〜。

ということで、
今日のテーマは
「自分を知る」

よく聞く話ですが、、、
今の自分の体重を知るとか
そういうことじゃありません。

より、実践的なお話。

あなたはどのタイプ??


体重について
知って欲しいことは、
今の体重ではなく、
自分の体重が、

増えているのか
減ってきているのか
それとも
しばらく変化なしなのか

これによって、
やらなくちゃいけないことも
変わってきます。

1.増えているあなた

まずは
太る素質があることを
褒めてあげましょう!
胃腸などの臓器も
正常に働いている証拠。

なかなか太らなくて
困っている方もいます。。。

さて、そんなあなたは
食べる前に
本当にお腹が空いているか
まずは自分に問い合わせ

それをするだけで、
少しずつカラダが
変わってきますよん

2.減っているあなた

食べているのに、
体重が減ってしまう。
太りたいのに、
食べられない。。。

そんなあなたは、
別のところに
理由がありそう。

運動して、お腹を空かせる
汗を出してスッキリする

そんな習慣を身につけると
いいかも。

3.変わっていないあなた

変わっていないところから
痩せたいあなたは、1番簡単。

いま摂取しているカロリーと
消費しているカロリーが
ちょうどいい感じということ。

あなたにあった運動を
少し追加するだけで、
カラダに変化が
起こり始めます。

運動習慣がなければ、
チャンスです!
何から始めるか
楽しみなくらいですね!
ウォーキング
ジョギング
トレーニング

何でもいいです。
何かをまずははじめてみましょう!!


あれ??
これで結構長くなってしまったので、、、
基本のンはまだまだ続きそう。。。

乞うご期待!!

※本日は占い風に書いてみましたw